04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

結喜菜(YUKINA)・神楽坂 

年末に向け、何かとバタバタしています。
飛び込みで仕事が振られたり、和牛ステーキを食べた翌日、重度の胸焼け&胃もたれに苦しんだり・・・。
仕事も胸焼けも乗り越えたので、あとは年越しの準備をするだけです。
(大掃除はあえて考えないツマ)

オット誕生日のお祝いで、神楽坂に出かけました。
オット行きつけの「ロイヤルスコッツマン」の姉妹店で、7月オープンしたレストラン、結喜菜(ユキナ)です。
(結局その後にロイヤルスコッツマンに行きましたが)

P7176001-s.jpg


ロイヤルスコッツマンはイギリス(というよりもスコットランド?)のパブの雰囲気ですが、結喜菜は和モダン。
出てくる食事は、オーナーシェフの地元、栃木の食材を使った「体に優しい」ものが多く、ロイヤルスコッツマンよりちょっと大人な雰囲気。

PA270981-s.jpg

その日の黒板メニューから。里芋を使ったテリーヌ。確か、アナゴを使っていたような記憶が・・・。

PA270983-s.jpg

栃木産の野菜の数々。お皿の右下に乗っているディップをつけていただきます。魚の肝をベースに使っていて野菜との相性バツグンでした。料理で出てくる野菜がどれも味がしっかりしていて美味しいのが特徴です。

PA270988-s.jpg

やんちゃ豚肩ロースのグリル。ロイヤルスコッツマンにも同じメニューがありますが、結喜菜の方がボリュームがあります。
付け合わせの野菜のソテーがこれまた美味しい。

PA270997-s.jpg


那須高原今牧場チーズ工房のチーズ盛り合わせ。
どれもフレッシュなチーズです。こちらで作っているチーズは、JALのファーストクラスでいただけるんだとか。
ファーストクラスにはご縁がありませんが、チーズはこちらで美味しくいただきます。

オットは、チーズにあわせて褐色色のサワーエールを注文。
ベルギービールで、「ジェントルマン・サワーエール」という品です。結喜菜では最後の1本でした。

サワーエールといいつつ、それほど酸味は強くありません。程よく甘味もあり、チーズと合わせるのもいい感じです。
ビールなのに、アルコール度数は11.5%。かなり強いはずなのですが、それほどアルコールが強いとは感じませんでした。
(飲むオットの隣で、ちょっとだけ味見をするツマ)
お店で飲むと1本1,800円也(それも330mlで)。ビールにしては結構なお値段ですが、ここはお誕生日のお祝い(オット仕様)なので。

PA270999-s.jpg

オットはチーズ担当、ツマは定番デザートの「つぶあん入りガトーショコラ」をいただきました。
チョコレートケーキの中に粒あんが入っていて、和と洋がバランスよくまとまった味わいです。
オットのお祝いの名目で、しっかり食事を楽しむツマでした。
(オットは珍しいビールを飲んでご機嫌でしたので、お互いWIN&WINな関係かと・・・)

結喜菜(ゆきな)・神楽坂
スポンサーサイト

テーマ: こんな店に行ってきました

ジャンル: グルメ

[edit]

« The Royal Scotsman(神楽坂)限定メニュー  |  CRAFTSMAN(クラフトマン)仙台 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1489-530e04d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)