08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

新店開拓:ワイバーン(Wyvern)・関内 

12月の記録ですが、横浜は関内で最近行ったビアバーです。
Scottish Gastro Pub ということなので、ビールだけではなく食事にも期待できそう。
ワガヤ(オット)がよく行く、神楽坂のロイヤルスコッツマンに通じるところがありそうです。

お店の写真を撮り忘れました・・・長いカウンターメインなのでおひとりさまでも気軽に入れる感じです。
ワレワレは事前に予約していたので、二人用のテーブルに案内されました。
お店は、バーマンの店主と料理担当の男性の2名で切り盛りしています。

実はこの日はオットが仕事で急な予定が入ってしまい、当初予約していた時間よりも1時間以上も遅れるというトラブルに見舞われることに。時間変更も快く受けてもらって一安心。

そして料理の数々。

PC256513-s.jpg

スモークサーモンのソテー。軽く燻製したサーモンに程よく火が入っていました。燻製しているので形崩れせず、見た目にも美しいです。

PC256517-s.jpg

オット、「ボウモア生ガキ」に興味をもって注文。牡蠣の名前が「ガキカキ君」・・・北海道厚岸産の生牡蠣をこう呼ぶんでしょうか?

PC256515-s.jpg

「ガキカキ君」(かなり大きい)と背後の細長いガラス瓶に入っているのがボウモア。生牡蠣に軽くボウモアをかけていただくそうです。牡蠣好きなオット、「ガキカキ君」はボリュームもあって美味しいと大喜びでした。

そしてこの日、事前に予約を入れていたお店特製のローストビーフ。数量限定ということで、ワガヤもかなり最後の方だったみたいでした。
お店に電話をかけてきて、ラスト1人前を予約していた常連さんもいた位です。

肝心なお肉の方は、ほどよく赤身が残っていてじっくりと焼き上げていました。赤身さっぱり目ですが、しっかりと「肉の味」が残っていました。ちょうどクリスマスの時期だったので、ブリュードックの限定ビールと共に。やはり限定モノには弱い深川フウフです。

PC256520-s.jpg


ブリュードックのサンタ・ポーズ。黒色のスコッチエールですが、ちょっと甘め&軽めに仕上がっています(オット談)。

PC256521-s.jpg


もうひとつは、ブリュードックのホッピークリスマスIPA。こちらはホップを大量に投入したばりばりIPA。グレープフルーツの香りもしっかりでオットはこちらの方が好みだった模様。
ブリュードックの限定ビールは、ラベルも緑&赤でクリスマスの雰囲気もバッチリ。ビール飲みのクリスマスお祝いによく合う品だと思います。

こちらのワイバーンさんでは、フィッシュ&チップスも大き目で、ひょっとするとロイヤルスコッツマンといい勝負かも。。
アンテナアメリカ(ナガノトレーディングのお店)のすぐ近所なので、近いうちにオットがまた行きそうです。

Wyvern Scottish Gastro Pub
スポンサーサイト

テーマ: こんな店に行ってきました

ジャンル: グルメ

[edit]

« 我が家の蘭(2016年1月)  |  初・上野動物園(お目当てはパンダ) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1495-bb70d47f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)