05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

ヒコーキネタというか、くまモンネタというか・・・ 

1月以降寒い日が続き、ツマもすっかり冬ごもりモード。
(まあ、言ってみれば「出不精」で週末は自宅にて引きこもり中)

先日、友人とくまモンネタ(友人のご主人がクマ好きで、くまモンも大好き)で盛り上がった後、「そういえば」と自宅PCで写真をごそごそ。以前、「ヒコーキ好きな上司」が撮影したヒコーキの写真を発掘しました。
ヒコーキに乗るのも写真を撮るのも大好きな上司、週末九州に出向いて小型プロペラ機に乗り、かつ写真も撮影して「可愛い愛弟子(自称)」なツマに送ってくれたものです。

渦2-s

天草が本拠地の、日本で一番小さなエアライン「天草エアライン」のみぞか号です。
保有機はこのみぞか号一機のみで、天草・熊本・福岡・大阪を飛び回る、けなげなヒコーキ。
機体に親子のイルカがデザインされていて、羽のプロペラ部分は子供のイルカ「かい」君と「はる」ちゃん。

右向き-s

こちらが「かい」君。

左向き-s

反対側は「はる」ちゃん。あわせて「快晴」かな?
この写真のサイズではよくわかりませんが、「はる」ちゃんの目の部分は女の子らしくまつげがあります。「かい」君にはありません。

みぞか号は、イルカイラストだけではなく、知る人ぞ知る「隠れくまモン」もいます。

くまモン3-s

これが「隠れくまモン」。車輪の格納庫の扉部分に描かれているので、離発着のほんのわずかな時間のみこの姿を見ることができます。さすがは「ヒコーキ好きな上司」、くまモンもばっちりです。
・・・それにしても、写真を撮るのにうってつけの座席をよく確保できたものです(汗)。

最近は、ヒコーキの離発着時にもデジカメで撮影することが可能になりましたが、このみぞか号は小型機すぎて?相変わらず離発着時の電子機器利用はNGなんだそうです。

くまモン1-s

めちゃくちゃくっきりと写っているくまモン。
通常のヒコーキ撮影では、デジイチ持参の上司ですが、この日のために昔ながらのアナログな一眼レフカメラまで持ちこんだとか。
クマ好きなツマにとってのお宝写真です。

このみぞか号、今月19日に退役となり、20日からは新しい機体に変わります。今は39席ですが、新しい機体は48席、と座席数が増えます。が、相変わらず1機で頑張るそうです。
次の機種も、今の親子イルカのデザインが踏襲されます。親子仲良く空旅ですね。

が、今までの「隠れくまモン」は、今度はみぞか号のお腹の部分に「サンタくまモン」となって登場するとのこと。機内から一瞬だけ見えるお楽しみはなくなり、離発着時に外から見上げることになりそうです。

現在の「みぞか号」が退役する前に、この小さなヒコーキに乗ってみたかったのですが。うーん、残念な限りです。
スポンサーサイト

テーマ: 日々のつれづれ

ジャンル: 日記

[edit]

« 三陸カキ小屋 THE OYSTER MANS (門前仲町)  |  我が家の蘭(2016年1月) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1497-314df4e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)