03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

回転寿司 函館まるかつ水産本店 

夜景を見た後の夕食。函館では、北海道産の海鮮を満喫したい!と函館の回転寿司の有名店に行きました。

P4226909-s.jpg

函館まるかつ水産の本店です。宿泊したホテルからも歩いていける距離にあります。
こちらは、魚屋さんが経営する回転寿司店ということで、通常のメニュー以外の手書きメニューに魅惑的なネタが沢山。
北海道産のネタを中心にいろいろ注文しました。

P4226882-tile-s.jpg

左上から
生やりいか(松前産) 
塩水生うに軍艦(松前産)
五貫盛り(キンキン、八角、桜ます、カサゴ、ザトウクジラ) キンキンは高級魚キンキのこと
特大生ほたて(北海道産)

生やりいかも、塩水生うにも、自然な甘さが絶妙。
五貫盛りはキンキンと桜ますをいただきました。キンキン(キンキ)は脂が乗っていましたが、口の中に残るようなしつこさはなく。ネタが新鮮だったからでしょうか。
生ほたては本当に特大でした。シャリの倍以上のほたてを口の中いっぱいにほうばって、幸せ。これまたほんのりとした甘みがあって生のほたてを満喫しました。

P4226890-tile-s.jpg

左上から
生ボタンエビ(噴火湾産)、サメガレイ(様似産)、メバル(函館産)、ほっきのひも軍艦

生ボタンエビは、一貫に2匹乗って豪勢です。サメガレイは初めて見ました。白身で淡泊な味かと思ったら、かなり脂が乗ってこってりとしていました。あまり飲食店では提供されることは少ないようです。
メバルは、煮付けで食べたことはありましたが、生でいただいたのはこれが初めて。
北寄貝のヒモだけで軍艦になっているのも初めて。こりこりと歯ごたえがあってとても新鮮でした。

P4226899-tile-s.jpg

左上から
ずわいがにバラ身の軍艦、蟹味噌も載って蟹三昧。
いくら軍艦、子持ちしゃこ(メス)(小樽産)。

最後に、魚のあら汁をいただきました。魚のあらも、何種類もの魚のあらが入っていたのでびっくり。丁寧に骨から身を外しながら、しっかり食べつくしました。とてもお得感のあるあら汁でした。

人気店だというのも納得。初めて口にしたネタが沢山で、どれも新鮮でした。
回転寿司といってもネタのレベルには驚くばかりです。いわゆる普通の回転寿司よりも高いことは間違いありませんが、北海道産の海鮮を満喫したいという希望がかなってフウフ共に大満足でした。
スポンサーサイト

テーマ: 北海道旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

« 残念ながら五稜郭は雨模様  |  夜景@函館山 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1519-c1bf15b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)