03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

3日目午前・世界遺産コインブラ大学へ 

旧カテドラルを出てからまた坂道を登り、丘の一番上にあるコインブラ大学に到着。
平日だったので、大学内では学生を大勢見かけました。みな、この大学までどのように通学しているんだろう・・・?

P2296053-s.jpg

こちらは新しい方の大学。
観光名所になっているのは、旧大学の方です。旧大学には、大きな門をくぐって中に入るのですがどうやら門の写真を撮り忘れたらしい・・・。

P2296055-s.jpg

中庭を取り囲むように建つ、古い建物が旧大学。
見事な位の青空でしたが、この時期は2月末で植木も枝のみとちょっと寂しい風景。それでも日差しが強くてサングラスが必要な位でした。
中央に見えるのは、18世紀に建造された時計塔。旧大学のシンボルです。

P2292407-s.jpg

大学がコインブラにおかれたのは1308年で、ポルトガル国内で最古の大学。
コインブラ大学の建造物群は、2013年に世界遺産に登録されました。大学が世界遺産とはすごいことです。

P2292406-s.jpg

コインブラ大学の中でも有名なジョアニア図書館。図書館内を見学するには、事前にチケットを購入してあらかじめ決まっている時間に入ることになります。それまでの間はこの扉はずっとしまったまま。見学開始時間近くになると、チケットを持った人たちが扉付近に集まってきます。
ちなみに、出口は建物下部にあります。

図書館内は撮影禁止。内部の装飾や、調度品の数々がとても素晴らしく、壁一面に書棚が設けられて年代ものの蔵書が置かれている様子をただただじっくりと見ていました。見学中に、大学の研究員か職員が図書館内に入ってきて、蔵書のチェックをしていました。どうやら本を持ち出す模様。ただきれいに飾ってあるだけではなく、蔵書も現役だったようです。

現役といえば、

P2292410-s.jpg


旧大学もまだ現役として活動中でした。
建物内を歩いていたら、扉が開いて中から大勢の学生が出てきました。ちょうど講義が終わったタイミングだった模様。遥か前の学生時代を懐かしく思い出しました。

こういう歴史ある建物で授業を受けることが出来るとは、なんともうらやましい限りです。

スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 3日目昼・コインブラでもやっぱりビール探究(Praxis、Coimbra)  |  3日目午前・コインブラ旧カテドラル »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1532-d0c01591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)