03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

3日目昼・コインブラでもやっぱりビール探究(Praxis、Coimbra) 

コインブラ旧大学でお目当ての図書館を見学した後は、なんとコインブラでもビールタイム。
いくらビール好きといってもポルトガルではワインだろうと思っていたのですが、どこから情報を仕入れたのかわかりませんが、コインブラでもマイクロブルワリーがあるとのことで行ってみることにしました。

醸造所の場所は、大学のある旧市街エリアから川を挟んて対面にあり、とても徒歩ではいけない距離なので大学構内でタクシー乗り場を探しましたが見つからず。結局、急ぎ足で坂を下って駅まで戻ることにしました。流石に駅の近辺にはタクシー乗り場があるだろう、と思ったのですがなかなか見つからず。5分ほど駅の周りを歩き回ってようやくタクシー乗り場を発見。

タクシーの乗ってまで行ったところがこちらです。

P2292423-s.jpg

石畳と中世の面影を色濃く残す旧市街エリアとは対照的な、いわゆる最近の住宅街の中にお店はありました。
”a Cerveja de Coimbra” 直訳すると「コインブラのビール」。Praxisというのがブルワリーの名前のようです。

P2296734-s.jpg

モノトーン基調の、おしゃれなレストラン。隣にはブルワリー併設しています。

P2292412-s.jpg

お約束のテイスティングセット。テイスティング、といいつつ結構量があります。微妙にグラスの大きさが違うのはご愛嬌。
左からヴァイス(小麦のビール)、アンバー、ピルスナー、デュンケル。
コインブラ産の水を使っているのがウリのようで、作ったビールはほぼ地元で消費されるそうです。

シーズンオフだったためか、旧市街エリアでも日本人を見かけることはありませんでしたが、ここPraxisではワレワレ2名の東洋人が異彩を放っておりました(汗)。入口にランチメニューがあったのですが、お店の人の片言の英語では話が通じず、断念して英語メニューを持ってきてもらいました。が、英語メニューにはランチメニューの表記がなく。。

P2292417-s.jpg

ポルトガルでよく見かける小さ目コロッケ。バカリャウ(鱈)で作ったもので素朴な味がします。丸い方はひき肉を使ったもの。
どちらも、子供の頃ブラジルはサンパウロのバールでおやつとして購入していたもの。ちょっと懐かしい味でした。

P2296735-s.jpg

二人ともそれほど空腹ではなかったため、海老のガーリックソテーとパンで軽めのお昼。
海老はかなりの大きさで、味付けは申し分ありませんでした。ポルトガル料理のレストランということでしたが、メニューも豊富でかつビールがあるという点でポイントが高いところです。
観光客がいる旧市街エリアからは大分離れているので、地元御用達レストランといったところでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 3日目午後・サンタクルス修道院と隣のカフェで休憩  |  3日目午前・世界遺産コインブラ大学へ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1533-45cb0223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)