08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

4日目午前・世界で最も美しい書店、レロ・イ・イルマオン 

クレリゴス教会から歩いてすぐのところにある有名な本屋さんです。

P3016150-s.jpg


外から見ると、瀟洒な飾りのついた小さな書店ですが・・・

入場料を払ってチケットを見せて中に入ると、まるで別世界。

P3016152-s.jpg


2階天井には見事なステンドグラス。建物中央の美しい螺旋階段や、緻密な彫りで飾られた店内の装飾にただただ目を奪われます。

P3012504-s.jpg


建物自体が芸術品、と思ったらそもそも建物が世界遺産なんだとか。
1階天井の彫りや壁一面の見事な装飾で彩られた書棚に、店内はカメラを構えて写真を撮る人続出です。

P3012509-s.jpg


優美な曲線を持つ階段。「天国の階段」と呼ばれているそうです。芸術品の域に達しているこの階段、しっかり現役なので店内の入ると誰でも階段で上り下りは自由。

P3012503-s.jpg


本屋自体は今も現役。書棚に並んでいる書籍を見たところ、大半がポルトガル語で書かれたいわゆる一般書籍でした。
入場料を払って店内に入り書籍を購入する場合は、チケットと引き換えに入場料分が代金から差し引かれるのだそう。

P3012512-s.jpg


2階の様子。自然光が窓から入ってなんともフォトジェニックな店内。どの方向から撮っても絵になる本屋です。
芸術的な図書館は色々と目にしましたが、蔵書自体が年代ものでまさに見学するのみ。こちらのレロ・イ・イルマオンは現役の本屋なので書棚から本を自由に手にとることが出来ます。

本好きにとっては夢のような空間。

P3012518-s.jpg

ちなみに、書店のある道の対面にチケット売り場があります。
普通の本屋に入るのに入場料が必要という時点で、すでに普通の本屋さんではありません。それでも、店内の夢のような空間を考えると、入場料を払ってでも書店の中に入る価値は十二分あるものです。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 4日目お昼・タコ料理の有名店、カーザ・アレイショへ  |  4日目午前・クレリゴス教会と塔から見たポルト市内 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1541-462c2cc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)