06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

4日目午後・ワイナリー見学(Taylor's) 

ポルトといえば、ポートワインで有名。もれなくビールがついてくる深川フウフの旅行ですが、しっかりポートワインのワイナリー見学(と試飲)も楽しみました。

P3016168-s.jpg


ポルトにある多数のワイナリーのうちで今回オットが決めたのは創業1692年の老舗、テイラーズ(Taylor's)。

P3016170-s.jpg

P3016171-s.jpg

石畳の坂道を登って、ワイナリー入口に到着。中に入って、見学ツアー(英語)を申し込み。
ツアーは、最初にTaylor'sの歴史やポートワインの種類について説明を聞きます。

P3022549-s.jpg

小さ目な木樽は長期熟成して作るトゥニーポート用。こちらはしっかり熟成して作られるため、濃い褐色色になります。

P3022556-s.jpg

巨大な樽はルビーポート用。酸化させないため、このような大きな樽を使うので赤くてルビー色のきれいなワインになるとのこと。

P3022558-s.jpg

一通り見学が終了した後は、お楽しみのワイン試飲タイム。ルビーとトゥニーの2種類の試飲ができます。

P3022560-s.jpg

ツアー参加者は、各自グラスを持って思い思いの場所で試飲。天気が良かったので、中庭に出て試飲する人多数。

P3022564-s.jpg


日が陰ってきてちょっと肌寒くなってきたので、室内に移動。ルビーとトゥニー、確かに色が違います。

P3026193-s.jpg


ポートワインは甘味が強く、あるコールが苦手な人でも飲みやすいはずです。が、アルコール度数はそれなりにあるので甘いからと気を許すと簡単に酔っぱらいます。ツマの場合は、オットチェックが入って途中でグラスを取り上げられることが多いのですが・・・。さすがに旅先で酔いが回って気分が悪くなるわけにはいかないので、ここはおとなしくオットに従うツマ。

P3026195-s.jpg


試飲後はツアーは自由解散。ワレワレは、隣のショップに入ってオット生まれ年のポートワイン(木箱入り)を購入し、行きに来た坂道を今度は下りつつドウロ川方面へと戻りました。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 4日目午後・ポートワインの故郷、ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア  |  旅行から戻りました(ドイツ・チェコの初夏旅) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1544-1b97b62d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)