08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

4日目午前・雨降りの中、ボリャオン市場へ 

旅行中には、各地の市場に足をのばして日頃滅多に見ることのない食材などを発見するのを楽しみにしています。
ポルトにも、ボリャオン市場という生鮮食品市場があることは事前にガイドブックでチェック済。アズレージョ尽くしの教会群を見た後に立ち寄る予定にしていましたが、あいにくの雨。

P3022631-s.jpg

ボリャオン市場に到着したところ、こんな具合で閑散としていました・・・。
雨降りで客足が鈍かったのか、ワレワレが市場に行ったのが10時を過ぎていたので流石にこの時間には買い物客がいなかったのか?その両方だったのかもしれません。

かなり広いのですが、どのお店もお客さんがほとんどいなくて暇そうでした。

P3022637-s.jpg

生鮮食品が中心といっても、やはりポルト名産のワインを取り扱うお店はいくつか見かけました。
ずらっと並んでいるポルトワインの瓶のラベルを見ても、様々なワイナリーがあることがわかります。

P3026280-s.jpg

ぱっと見たところ、色以外にそれほどの違いがあるのかがわからないのですが、オリーブも様々な種類のものが売っていました。ざっくりとスコップですくうところが見たかったのですが、お客さんが皆無・・・。

P3026282-s.jpg


ポルトガル名物の干し鱈(バカリャウ)がありました。干した鱈を水につけて戻して、様々なバカリャウ料理に変身します。旅行中に何度かバカリャウ料理をいただく機会がありましたが、生魚とは違う独特な食感がありました。

P3026283-s.jpg


そして、この一見グロテスクな不思議な物体は「カメノテ(亀の手)」。数年前にポルトガル(この時はリスボン)に行った時に初めて食べました。貝のようにも見えますが、実は甲殻類なんだそうです。
カメノテの後ろに、調理した写真が写っています。塩ゆでにしてお皿に盛り付けた状態のようでした。

買い物客がいたらまた雰囲気が違っていたと思いますが、雨模様の中でかなりテンション低めな市場だったのが残念です。
日頃ではお目にかかれないような食料品が色々あったので、写真を撮る方としてはかなり楽しめたのですが・・・。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 5日目午前・引き続き雨の中、サン・フランシスコ教会へ  |  5日目午前・アズレージョ散策のつもりがあいにくの雨模様 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1550-75d755cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)