07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

2016年初夏・旅行日程 

深川フウフの夏休みは一足早く6月末に決行。8月になってオットが多忙になったので、今から思えば早めに決めてよかったです。

期限が迫っているマイルがあったので、ヨーロッパの旅行に使うことに。当初はマドリードで闘牛、プラド美術館巡りを考えていたのですが帰国便のチケットが取れずに断念。それでは、と旧東独(ライプツィヒ、ドレスデン)&プラハのルートで探しました。ツマのお目当ては美術館(ドレスデンにもフェルメールが2作あります)、オットはドイツとチェコ(プラハ)とくればお約束のビール。結局、ワガヤのいつもの旅のパターン(美術館とビール巡り)となりました。

特典航空券の予約が取りやすい平日発~平日着を探し、以下の日程で決定。

1日目 深夜便でフランクフルト着、乗り継ぎでライプツィヒへ。
2日目 ライプツィヒからドレスデンに移動。
3日目 終日ドレスデン。
4日目 ドレスデンからプラハに移動。
5日目 終日プラハ。
6日目 プラハからフランクフルトへ。フランクフルトから北京へ。
7日目 北京から乗り継ぎで東京(成田へ)。

6日目は機中泊になるので、実質5泊7日と結構ハードな日程に(汗)。
帰国がなぜか北京経由と異彩を放っています。実はANAのサイトでルートを検索していたところ、フランクフルトから日本(東京、成田)の直行便に空席がなく、ルフトハンザで北京経由という経路が。日程も短いし、帰国の翌日は会社だったので今回帰国便は思い切ってビジネスクラスにしました。
ルフトハンザの北京便は二階建てのエアバス、A380。日本にはもうこなくなってしまった機材です。ヒコーキには興味がなさそうでしたが、なぜかA380には興味を示していたオットも北京経由でもA380に乗るんだったら、とあっさり賛成。

P9107268-s.jpg

帰国便(プラハ発)では、こんな荷物タグがつきました。フランクフルト、北京と巨大な空港内で迷子にならずに無事成田に到着して何よりです。
スポンサーサイト

[edit]

« 1日目 羽田発フランクフルト経由ライプツィヒ  |  隠れ家的なイタリアン、TRENTOTTO »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1566-10865bdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)