09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

5日目午前中・ストラホフ修道院(哲学の間) 

今回のプラハ行きでは絶対行きたいと思っていたストラホフ修道院。12世紀に創立された修道院で、中世時代から図書館として使われていたホール(「哲学の間」と「神学の間」)が今も見ることができるのです。

哲学の間と神学の間の両方で、10万冊もの本が置いてあるらしく、そのうち1千冊は印刷時代前の手書きの蔵書なのだとか。図書館好きとしては、これだけでもうワクワクします。

P6282291-s.jpg


哲学の間は、1797年に建てられたそうです。書棚は廃止された他の修道院から購入したもので、その書棚に合わせてホールの寸法を変えざるを得なかったとか。

P6282243-s.jpg

通常の部屋2階分はありそうな背の高い書棚にはぎっしりと蔵書が収められています。

P6282273-s.jpg


P6282249-s.jpg


天井のフレスコ画も圧巻です。

P6282247-s.jpg


内部には入ることはできないのですが、当日は特別に?内部で説明を受けている人たちがいました。とても羨ましいことではありますが、そもそも前回は修復中で涙をのむ羽目になりましたので、修復後の美しい室内を見ることが出来ただけでも幸せです。

P9012978-s.jpg


ちなみに2009年時点はこんな感じで室内全面大修復中でした。。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 5日目午前中・ストラホフ修道院(神学の間)  |  4日目夜・プラハ城夜景 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1595-445233f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)