FC2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

美術館のはしご(アルチンボルド展&レオナルド×ミケランジェロ展) 

6月に「バベルの塔」展を見てから、混んでいる週末ではなくて平日に美術館巡りに行きたいと思っていたのですが、タイミングよく平日一日休みが取れることに。

休みの朝当日、ネットで検索して都内の企画展に行ってきました。

IMG_0311s.jpg

まずは上野へ。JR上野駅公園口を出てすぐのところにある国立西洋美術館にて、「アルチンボルド展」が開催されています。
花・植物や野菜を組み合わせた人物像で有名です。美術館入口にも、連作「四季」から春(野菜だらけ)と春(花だらけ)のボードが展示されていました。

企画展では写真撮影が禁止されているので、写真はこれだけですが、連作「四季」と「四大元素(水・大気・火・大地)」全点が展示されているところは一見の価値があります。二つの連作は、それぞれ「春」と「大気」、「夏」と「火」、「秋」と「大地」、「冬」と「水」とが関連付けられており、それぞれの組み合わせが向かい合った形で4面の壁に展示されています。
現在は世界各地の美術館で展示されていますが、元々は神聖ローマ帝国の皇帝マクシミリアン2世に捧げられた作品群で、当時は今回の企画展のように飾られていたのでしょう。

平日とはいえ、見学する人は思ったよりも多かったです。それでも、週末の混雑とは比べ物になりません。オーディオガイドを聞きながら、一つ一つの作品をゆっくりとみて回ることが出来ました。

午後には、東京駅からちょっと足を延ばして今度は三井一号館美術館へ。

IMG_0316s.jpg

こちらでは、レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロを同じテーマでそれぞれ対比させ展示しています。

IMG_0312s.jpg


館内では、二人の素描の拡大したものが展示されていました。
左がレオナルドの「少女の頭部」、右がミケランジェロの「レダと白鳥の頭部のための習作」。どちらもとても美しいのですが、レオナルドの少女の方が静謐な感じで好みかも・・・。ミケランジェロの女性は陰影でとても立体的なのが印象に残りました。

IMG_0313s.jpg


美術館の最後のエリアに展示されているのが、ミケランジェロ未完の大理石像。

IMG_0314s.jpg


彫像の顔の部分(写真の右側)に黒い瑕が現れてしまったため、途中で制作放棄してしまったものなんだそうです。
その後他の彫刻家によって彫像として完成したそうですが、ミケランジェロはどこまで仕上げていたのでしょう??
後世の彫刻家が、ミケランジェロ風に仕上げたのがこの彫像なのかなと思いながら鑑賞しました。

平日の美術鑑賞、休みを調整して今後も楽しみたいものです。
スポンサーサイト

テーマ: 美術館・博物館 展示めぐり。

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« お盆休みに鰻を味わう(岐阜県関市・辻屋)  |  富岡八幡宮例大祭(2017年) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1665-80c04953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)