FC2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

2日目:フランクフルト旧市街散歩 

ドイツには何回も旅行で訪れていますが、フランクフルトはなかなかタイミングが合わず、今回が初めての滞在となります。
フランクフルトのお目当ては、シュテーデル美術館にあるフェルメールの「地理学者」。今回の旅行でついにご対面と思いきや、「地理学者」は「フェルメールと風俗画の巨匠たち」という企画展に出展するため、今回はなんとお出かけ中・・・。

旅行の計画を立てている際に、シュテーデル美術館のサイトで「お出かけ中」の記事を見つけてガックリ。
シュテーデル美術館は、「地理学者」を見るためにまた来ることになるだろう、ということで今回は旧市街エリアを散歩することにしました。

まずは地下鉄に乗ってレーマー広場に向かいましたが、そこから地図を見ながら「ゲーテハウス」を目指しました。結構場所がわかりにくくてちょっと探しましたが、何とか目的地に到着。

P9248365s.jpg


ゲーテの生家。建物自体は第二次世界大戦の爆撃で破壊され、その後忠実に再現されたそうです。調度品は爆撃から免れた本物が展示されているそうでした。あいにく、ワガヤは二人ともドイツ文学は不勉強だったこともあり、家の中を一通り見学しただけに終わりました。建物の内装や展示物から、ゲーテは裕福な家庭で育ったお坊ちゃまだったんだな、ということを実感したのみでした。(かなり勿体ない気がしました)

ゲーテハウスを出た後、パウルス教会を見てからレーマー広場に向かいました。

P9243196s.jpg

建物自体は、ヨーロッパの教会としては新しめ。

P9243195s.jpg

教会のすぐ近くの様子です。なかなかドイツのメルヘンぽい建物です。

P9243200s.jpg

観光名所であるレーマー広場に面した建物群。左側後ろに見えるのは大聖堂。
木組みの家など、中世の雰囲気がちょっと漂っていました。

P9243204s.jpg

入口に旗が出ている建物がレーマー(旧市庁舎)。
近代的なフランクフルト市内の中でここだけ中世の世界みたいです。

レーマー広場で写真を撮った後は大聖堂へ。

P9243208s.jpg


ゴシック様式の教会です。

P9243212s.jpg


教会内部。こちらも、世界大戦の爆撃で建物はほぼ作り直しになったようで、内部はかなり新しくなっていました。
今後は、爆撃で破壊されることなく、年月の重みが建物に残ることを祈ってやみません。
スポンサーサイト

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

« 2日目:アプフェル・ヴァイン(リンゴ酒)と郷土料理@アドルフ・ヴァーグナー  |  2日目:フランクフルト中央駅で本場ソーセージを食す »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1684-9a95e14e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)