FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

5日目夜・アルザス料理の夕食(Maison Rouge) 

ウンターリンデン美術館で閉館までねばって絵画を鑑賞し、ホテルに戻って一休み。
この日の夕食は、ホテルのフロントでオススメだと紹介された”Maison Rouge”というお店にすることにしていたのですが、ここで二人とも寝てしまい、気がついたら20時20分を過ぎていました。まだ入れるかな、と慌てて準備をしてホテルから徒歩5分もしないレストランに直行。

P9283626s.jpg

ホテルでは「広いから特に予約は不要」と聞いていたのですが、店内かなり混み合っていました。
入れるかな、と待つことしばし。窓際のテーブルに無事案内されて一安心。

P9283630s.jpg

前菜は、オットこだわりのフォアグラ。このお店では盛り付け美しく、美味しいフォアグラをいただきオット大満足。
アルザス地方はフォアグラの産地なので、どうしても本場のものを味わってみたかったのだとか。

P9283632s.jpg

ツマは無難にエスカルゴ。

P9283641s.jpg

オット、目ざとく黒板メニューを発見。ご当地ビールと、どうやらワインの新酒があるようです。

P9283635s.jpg

両方頼みました。新酒(New Wine)は白濁していましたが、それほど炭酸(発酵中)はでていなかったようです。
アルコール度数も低く、甘味があってかなりジュースに近い状態ですがご当地でないと飲めない、とわざわざ注文していました。

P9283636s.jpg

メインはオットは魚のシュークルート。盛り付けが美しく、昨日の料理とは大分様子が違います。

P9283639s.jpg

ツマは肉料理にしました。牛肉をゆでたものを色とりどりの野菜でデコレーション。これまた盛り付けがきれいです。
どちらともボリュームが程よく、味付けも良くて二人とも大満足でした。

P9283643s.jpg

お店の中の様子。団体さん(それも全員男性)が賑やかに食事をしていました。
壁の棚にはベッコフの器など飾ってあり、ローカル色たっぷりでアットホームな雰囲気で食事が出来る感じです。

P9283649s.jpg

食事を終えて、お店の外から。なかなかいい雰囲気です。
ホテルでオススメされただけありました。よいレストランでアルザス料理を満喫できて二人とも大満足でした。
スポンサーサイト

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

« 6日目午前・コルマール(テットの家とドミニカ教会)  |  5日目午後・ウンターリンデン美術館(イーゼンハイムの祭壇画) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1707-956437db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)