FC2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

1日目夜・クラクフ旧市街とポーランド料理 

クラクフ中央駅に到着し、駅近のホテルにチェックイン。
その後は、歩いて旧市街に向かいました。ホテルを出て10分弱歩くと、旧市街の中央広場です。

P9215555s.jpg

建物がライトアップされた織物会館。

P9215557s.jpg

その対面には、聖マリア教会があります。

到着した日はかなり気温が高く、中央広場は大勢の観光客でにぎわっていました。

P9215559s.jpg

中央広場で写真を何枚か撮った後は、旧市街の入口であるフロリアンスカ門まで戻りました。
門を通らず、右手に曲がってちょっと歩いたところにあるポーランド料理のレストランで夕食をとることに。

P9219360s.jpg


ウ・バブチ・マリニ U Babci Maliny というお店です。事前にネットで気になるお店を調べていたのですが、このお店は「地球の歩き方」にも載っていました。螺旋階段を下りて地下がレストランです。
英語メニューがあるので、メニューを見ながら「ポーランドに来たからにはまずこれでしょう」というオットの意見で注文したのが
こちら。

P9215562s.jpg

ポーランドの水餃子、「ピエロギ」です。肉とレバー、チーズの3種類のピエロギの盛り合わせが登場。
予想以上のサイズの大きさにびっくりしながら初ピエロギです。

水餃子、といってもかなり皮が厚めでもっちりした食感です。具材は比較的あっさりして食べやすいのですが、かなりお腹にたまります。結局二人で食べきることはできませんでした・・・。

P9215566s.jpg

巨大なパンの中に入って登場したのが、ビゴス。キャベツとザワークラフト、肉をトマト味で煮込んだもので、野菜が多めで身体には良さそうです。ただ、かなり酸味が強く食べきるまでには結構苦戦しました。

P9219359s.jpg

ちょっと珍しかったので、ビーツのスープ(バルシチと書かれていましたが、ロシア料理のボルシチとは別物でした)も注文。
ビーツの赤いスープでしたが、暗い照明の下ではかなりどす黒い液体でした。ビーツで作ったサラサラしたスープは、ちょっと薬っぽい独特な甘みがあり、残念ながら口に合いませんでした。

P9215560s.jpg


オットはピエロギのお供でポーランドのビールを注文していました。これがポーランドの1杯目のビールです。

長旅の後だったこともあり、3品とビール、ミネラルウォーターを注文したところ、会計は78ズロチ、日本円で2500円もしませんでした。ポーランドはかなり物価が安いとは聞いていましたが、予想以上でした。

食事を終えてホテルの近所に戻り、引き続きブルワリーレストランで「オットの自由研究」タイムです。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 1日目夜・クラクフのブルワリーレストランBrowar Lubiczへ  |  1日目:ワルシャワ経由でクラクフに到着 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1785-3ca92499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)