FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

2日目午後・ダ・ヴィンチの絵と旧市街散歩 

オープンテラス席でのランチ休憩の後は、すぐ近くにある聖マリア教会を見学する予定でした。
が、教会内の修復で観光客は入れず。教会にある、国宝である祭壇を見るのを楽しみにしていたのでガックリしましたが、修復中であれば仕方がありません・・・。クラクフはプラハからも近いので、きっとまた再訪することがあるだろうと気を取り直して次なる目的地である国立博物館へ。

ここには、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画「白貂を抱く貴婦人」が展示されています。
ダ・ヴィンチの数少ない女性画を、ここで見ないわけにはいきません。ただ、中央の広場からのアクセスはイマイチだったので徒歩で博物館に向かうことに。20分弱歩いて目的地に到着し、貴婦人にご対面。

P9215597s.jpg


博物館内は写真撮影禁止でしたが、展示されている部屋の外にレプリカが展示されておりここで記念写真撮ってOKとなっていました。海外では、フラッシュをたかなければ写真撮影OKというところが多いのですが、禁止でもこのように記念撮影できるというのは珍しいと思いました。

国立博物館でも、この「白貂を抱く貴婦人」は特別扱いでこの作品専用の部屋にてただ1点だけ展示されていました。
室内は薄暗く、絵の保存に配慮されていることはよくわかります。そしてしっかり見学者を見張る職員が配置されていました。

この作品以外では、どうやらポーランドの現代美術作品や武具が展示されていたのですが特に武具はヴァヴェル城や以前マルタ島でずいぶん見ていたのであまり感動はなく・・・。

博物館での見学を終え、一旦ホテルに戻ることにしました。トラムに乗ろうとしたのですが、停留所にチケットの販売機が設置されておらず近くのキオスク等で販売されていないかと探したのですが見当たらず。結局また歩いてホテルに戻ることにしました。

旧市街に戻り、ちょっとルートを変えることにしました。

P9215598s.jpg

ヤギェウォ大学のエリアをちょっと散策。

P9215603s.jpg

落ち着いた雰囲気のある建物と庭です。

P9215606s.jpg

また中央広場に戻りました。夕方になり、だんだん暗くなりつつあります。
右手に見える塔は旧市街者の塔です。塔の上まで登れるようでしたが、今回は時間がなく見送り。

P9210210s.jpg

織物会館。かなり巨大な建物です。長さが100mあるそうで、かなり離れても建物全体が映る写真は撮れません。
その前の広場も相当な広さがあります。

P9220213s.jpg


フロリアンスカ門。1300年ごろに造られたものだそうです。門の周辺には城壁が残っていて中世の面影が感じられます。
フロリアンスカ門をくぐり抜けて旧市街の外に出ます。

P9220218s.jpg

フロリアンスカ門を出てすぐのところに円形の砦が見えます。これがバルバカンです。ヨーロッパでも現存するのは3か所だけで、クラクフにあるものがそのうちで一番大きいのだとか。世界遺産になった古都だけのことはありますね。

フロリアンスカ門とバルバカンは有料で内部を見学できるようでしたが、滞在中はタイミングが合わず外から見ただけでした。
バルバカンの前の道路を渡ってすぐのところに、今回宿泊したホテルがあります。ホテルに戻って30分ほど休憩を取った後、トラムの乗って2日目の夕食のお店に向かいます。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 2日目夜・夕食はポーランド料理をPod Baranemにて  |  2日目お昼・旧市街広場でランチ休憩 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1789-79cc4d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)