FC2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

2日目夜・夕食はポーランド料理をPod Baranemにて 

この日の夕食は、Trip Advisor のポーランド料理レストランで上位のお店にしました。

P9229394s.jpg

Pod Baranem(ポッド・バラネム)という、ヴァヴェル城近くにあるレストランです。ホテル最寄のトラムの停留所からトラムに乗っていきました。今回、ようやく停留所でトラムのチケットを購入できて一安心。
停留所で自分たちが乗る路線の停留所の数を数え(なんといってもキリル文字が読めないので、駅名がまったくわかりません)、何番目の停留所で降りればよいか確認したうえでトラムに乗車。

多分ここで降りれば大丈夫だろう、と思った停留所で降りてすぐのところがレストランでした。
予約をとっていなかったので、ちょっと早めの時間に到着するように出かけたのが正解でした。ワレワレが案内された後も来店する人が続き、あっという間に満席になりました。
お店の中を見回したところ、地元の人も多かったようです。

英語メニューもあったので、旅行者でもOKでした。Trip Advisorに出ている位なので、英語メニューは完備です。

P9229384s.jpg

オットはここでもしっかりビールを注文。
ヴァヴェルスキー・ピルス、地元クラクフのバルバカン醸造所のビールでした。ピルスナー・ウルケルをこよなく愛するオット、このビールも結構気に入ったようです。

P9229387s.jpg

軽くスモークしたサーモン。

P9229389s.jpg

ツマは、是非ポーランドで食べたいと思っていたゴヴォンスキ(ポーランド風ロールキャベツ)を注文。
こちらのゴヴォンスキはマッシュルームがたっぷり入ったクリーム味で、まろやかでとても美味しかったです。

P9229390s.jpg

オットは無難にポークカツレツ。ふんわりとした食感で、とても美味しかったとのこと。

P9229392s.jpg

一杯目のビールを気に入ったらしく、引き続き2杯目も注文。
今度はグラスの形状が変わっていました。このビールも同じ醸造所のものですが、今度はラガータイプのビールです。
よって、ビールグラスもジョッキ型なのかも。

初日のレストランや、お昼のオープンカフェのボリュームがたっぷりだったので、このお店も食べきれない量かとおもったのですが日本と同じようなボリュームでした。ほどよい量で味付けも良く、オススメのレストランだと思います。

食事を終え、ヴァヴェル城を再訪。

P9225619s.jpg

P9225621s.jpg

渋くライトアップされていました。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 3日目・世界遺産ヴェリエチカ岩塩抗へ  |  2日目午後・ダ・ヴィンチの絵と旧市街散歩 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1790-04273070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)