FC2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

6日目午前・ワルシャワ旧市街へ 

クラクフからワルシャワに移動した日は、思ってもみなかった列車の大遅延でワルシャワで観光は何もできず。
ワルシャワ観光は、ほぼ6日目の1日だけになってしまいました。そのため、当初予定していたショパン博物館の見学は次回(いつかは不明ですが)に持ち越しとなりました。

朝、ホテルで朝食を取った後は4番のトラムに乗って旧市街へ。トラムは結構スピードが出ていました。平日9時過ぎで、通勤中と思われる人たちも多く見かけました。王宮広場前でトラムを降りて(トラム内で英語でアナウンスがあったのでかなり安心できました)、
いざ旧市街見学開始。

P9250342s.jpg

王宮広場前。右手の赤茶の建物が旧王宮、左の高い石柱はジグモンド3世の碑。首都をクラクフからワルシャワに移した王様です。

P9255859s.jpg

後ろをふりかえると、ずらっと古そうな建物が並んでいます。

P9255865s.jpg

朝の時間帯だったので、まだカフェに人はまばらでしたが、お昼時には観光客で賑わっていると思われます。

P9250338s.jpg

一番初めの王宮広場前の写真の左手にはレンガの城壁が残っています。写真中央に見える教会の塔は洗礼者ヨハネ大聖堂のもの。王宮広場前から、大聖堂方面に向かって細い小路に入っていきます。

P9255867s.jpg

小路を歩いた先にあるのは旧市街広場。ワルシャワ旧市街の中心ですが、朝の時間帯は人もまばらでした。

P9255871s.jpg

広場を囲んで、趣のある建物が立ち並んでいます。広場中心にあるのは人魚の像。

P9255869s.jpg

人魚は女性ですが、剣を振り上げてかなり勇ましい銅像です。

P9250346s.jpg

旧市街広場は四辺を建物が取り囲んでいます。いずれも古くて歴史ある建物のように見えますが、第二次世界大戦でワルシャワ市内はほぼ壊滅状態になり、そこから市民たちが忠実に復元し、現在に至るそうです。

P9250355s.jpg

広場の前に立って建物を見ていると、とても復元されたものとは思えません。歴史的建造物だけではなく、旧市街にあった戦前の建物含めそっくり復元した点に、当時の人々の強い意志を感じました。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 6日目午前・旧王宮見学(1)  |  5日目夜・ワルシャワですが、ピルスナーウルケルのお店へ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1805-a4c0966f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)