FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

3日目夕方~夜、故宮博物院 

台北の故宮博物院といえば、「白菜」こと「翠玉白菜」と「角煮」こと「肉形石」が2大巨頭ですが、旅行前に故宮博物院のHPをチェックしたところ、なんと今回の旅行期間中は両方とも不在、ということが判明。白菜と角煮は次回に持ち越しとなりました。

それでも、台北に来たのだから、と故宮博物院にて美術/工芸の名品を鑑賞することにしました。金曜日と土曜日は夜遅くまで開館しているので、夕方から夜の団体客がいない時間帯でじっくり見ることにしました。午前中は宜蘭(イーラン)まで遠出したので、夕方までホテルでゆっくり休養して結果としてよかったと思います。

故宮博物院の白菜と角煮の展示の部屋の入口には、中国語・英語・日本語で両名不在のお知らせがありました。

P3020225s.jpg

白菜は台中の花博に出展中、角煮はオーストラリアに出張(外貨獲得の旅)中という説明でしたが・・・

P3026318s.jpg

”肉形石を参観される方は、どうぞニュー・サウス・ウェールズ州立美術館の会場までお越しください” という記載にはオット共々「う~ん」と絶句してしまいました。わざわざ見に来たところ、不在でがっくりしているところに追い打ちをかけるような書き方はないと思うのですが。

2大巨頭が不在のためか、前回来た時よりも建物内は空いていたようでした。

P3020238s.jpg

何度見ても、象牙の珠の超技法には目を見張ります。

P3020247s.jpg

日本書紀まで展示されていたのにはびっくり。

ゆっくり鑑賞できたのは良かったのですが、建物内が広く、一通り見終わった時点で二人ともぐったり。

P3026339s.jpg

20時過ぎで外は真っ暗でした。建物自体もステキにライトアップされており、外から見てもいい感じです。

P3026340s.jpg

博物院の中もよく歩き回りました。次回は「白菜」と「角煮」をしっかり鑑賞したいと思います。
スポンサーサイト



テーマ: 台湾旅行

ジャンル: 旅行

[edit]

« 3日目夜・夕食難民になりかけました  |  3日目お昼・バスで台北に戻り+香港式ワンタン麵 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/1844-a61f7750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)