07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

博多もつ鍋・炭火焼「大こく」 

疲労回復、栄養補給、と称して深川開拓。
オットがネットでみつけたという、博多もつ鍋のお店に行ってみました。
土曜日夜は雨がひどい降りでしたが、このお店は門前仲町の駅からも徒歩ですぐ。

s-IMG_1513.jpg
清澄通りを月島方面にちょっと歩いて、クリーニング屋の手前の道を右に曲がってすぐ。
目印はこの「兎」の絵。雨で傘をさしているとちょっとわかりにくいですが。

s-IMG_1501.jpg
1Fのカウンター席に一番のりでした。
写真で雰囲気がわかるでしょうか?BGMでジャズが流れていたり・・・でデートに
よさそうな感じです。実際に、我々がぱくついている後から3組ほどカップルが来てました。
比較的若い年齢層って感じでしたが、まあ気にせずこちらは食事、食事。

s-IMG_1505.jpg
s-IMG_1507.jpg
牛レバ刺し、ゴマ油+塩でいただきました。醤油とにんにくやしょうがよりも肉の甘みが
よく出て美味しいです。
あとは串焼きを色々。牛タン、牛ハラミ、あと鶏レバー、ハツ、ハツ元など・・。
写真はハラミ。かなり脂がのっていましたが、醤油だれと山葵を一緒にするとかなり
食べやすくなります。炭火焼はどれもじっくりと時間をかけて焼き上げる感じでした。

そしていよいよ本日のメイン、モツ鍋です。
鍋は、味噌・醤油・塩から選べるのですが、やはりここは「旨味噌」でしょう。
s-IMG_1508.jpg
カウンター席ですが、卓上コンロを出してここで鍋が出来上がります。
はじめはこういう感じで2人前の鍋にキャベツがてんこ盛り状態。

s-IMG_1509.jpg
ぐつぐつ煮込むこと数分(10分くらいかかった?)。野菜に火が通ってぺしゃんこに
なりました。さらに後は好みで弱火でぐつぐつ。キャベツの芯の部分とかよく煮込んだのが
好きなのでそのまま煮て最後の方でいただきました。

味噌味に七味をかけるとピリッとしてまた一味違います。

モツもそれなりに入っていましたが、なんと言ってもよい出汁でくったり煮込んだ
キャベツの煮込みが美味。モツが苦手な人も、キャベツ煮込みだと思えば大丈夫
だと思いますよ。

どの席でも、最後はモツ鍋を注文してました。
中には常連?と思われるお客も。

モツ鍋は、鍋といっても夏場でも食べやすいので、この時期の栄養補給に
オススメです。

門前仲町 大こく
スポンサーサイト

[edit]

« 遅い夏休み  |  仙台銘菓「萩の月」で「定番」を考える »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/341-6bb4b890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)