09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

岐阜のうなぎ 

蒸してから焼き上げる関東風と違い、蒸さずに炭火で焼き上げるため、表面はぱりっとしていて中身はふんわりとした食感です。関西風ともまた違った味わいらしいのですが、関西風を食したことがないため違いがいまひとつわかりません。。

岐阜県関市には、「辻屋」「しげ吉」といった行列の出来る有名店があります。どちらも連れて行ってもらいましたが、辻屋は醤油味の強いタレでちょっと辛目かも。うな丼のボリュームはすごいです。ご飯の中にも蒲焼が1枚入っているのですから。
しげ吉の方が、タレの味付けがほどほどの甘さで食べやすいと感じました。
s-070428_183352_M.jpg
今回の帰省では、美濃市のうなぎや「おぜ屋」に行きました。
こちらも炭火でじっくり焼き上げた関西風です。オットはうな丼、ツマは「ひつまぶし」、あわせてうなぎの白焼を注文しました。白焼もかば焼き同様にパリっと香ばしく仕上がっていました。しょうが醤油をつけて食べるのが珍しかったです。


s-070428_184116_M.jpg
こちらはひつまぶし。
一杯めはそのままで
二杯めはねぎをちらして
三杯めはわさびと熱い出し汁をかけて
いただくのだそうです。
ひつまぶしは今回が初めてだったのですが、思ったよりもさっぱりして美味しくいただきました。

関東風とはまた違った味わいですが、東京ではこんなうなぎが見つからないんですよね。。ということで、帰省のときの楽しみにしています。
スポンサーサイト

[edit]

« THE ROUNDSTONE ~ 天王洲アイル  |  明方(みょうがた)ハム »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/36-3b501b50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)