09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

エジプトツアー 食事事情 

このところ、仕事や外出でブログ更新がかなり落ちています・・
エジプト旅行の記録も、記憶が薄れないうちにUPしようとしているのですが(汗)。

気がついてみると、10月も後半が過ぎ、だいぶ秋めいてきました。
エジプトのあの灼熱の暑さが遠い昔の話になりつつある今日この頃。

旅行中の食事についてよく聞かれました。
今まで欧州を旅行する時は、ガイドブック片手に予約をしていたのですが、流石に
エジプトではまったく言葉も通じないところでお手上げ状態です。
その点はツアーだとすべて食事付でしたので、あまり考えずにすみました。
もっとも、あまりの暑さに食欲もかなり落ちていたので、出たものをもぐもぐ食べていた
というのが本当のところですが。

ツアー中、朝と夜はホテルのレストランでの食事がメインでした。いずれもバイキング
方式なので、その時の食欲と相談しつつ選択。ただ、ホテルといえども生野菜は遠慮
しました。

お昼は、観光途中で観光客向けレストランでの食事でした。
エジプト料理がメインでした。予め決められたメニューがあり、後はそれぞれ飲み物を
注文する形式でした。飲物自体も、街の数倍の価格はしていましたが、それから選択
するしかありません。

たとえば、アスワンから強行軍でアブシンベルに行った日の、コンボイバスを待ちながら
食べたランチ。

s-IMG_1586_20081019220809.jpg
この緑色っぽい不気味なスープは、エジプトではポピュラーな「モロヘイヤのスープ」。
どろっとしているのかと思いきや、意外にさっぱりしていました。ガーリックが入っていて
それなりにこくが出ており、飲みやすかったです。

後ろに写っているのが、豆のサラダ(相当すっぱい)と野菜のピクルス。一口食べてみたら
激辛で目を白黒させてなんとか飲み込みました。辛酸っぱいというのでしょうか、想像
していたピクルスとは似ても似つかない味でした。よく見たら、なんと一緒に赤唐辛子が
漬け込まれていました。

s-IMG_1588_20081019220823.jpg
メインは牛肉の串焼き。サワーソースをつけて食べると美味しいといわれましたが
どうも??でした。肉はウェルダンすぎてがちがち。全体に油気がなくぱさぱさした
感じでした。まあこういうものなのだろう、と思って食べばそれなりです。
結構、ライスが付け合せに出てくるのにはびっくりしました。もちろん、ぱさぱさした外米
ですが、外国で付け合せに出てくるお米ってその方が食べやすいと思います。

s-IMG_1574_20081019220756.jpg
こちらは既出ですが、ピラミッド観光の日のランチ。エジプト流シーフード。
魚料理に付け合せる場合は味付けご飯になるようです。

s-IMG_1622.jpg
ルクソール観光中のランチ。イカのトマトソース煮込み。これはかなり美味しかった。
トマト味のためか、ちょっとイタリア料理に通じるところがある味付けでした。
煮立ってぐつぐつしたところを冷ましながら食べるのですが、このように火を通した料理
が多かったです。日本のように暑い夏のお昼、ということで冷や麦系の冷たい食感の
料理はついぞお目にかかりませんでした。

s-IMG_1623.jpg
デザートに出てきたケーキ。エジプトでは、お酒はだめなかわりにかなりの甘党が
多いのだそうです。このケーキも激甘。ケーキスポンジが、とても甘いシロップに
漬けてあるので、ストレートに甘いです。

そういえば、他のランチではデザートでは果物が出てくることが多かったです。
それもなぜかミニバナナが・・・。

エジプトでも、定番のファーストフードがあるそうです。「コシャリ」という炭水化物の塊
だそうですが、結局屋台などで食べるタイミングは皆無でした。ちょうどラマダン時期
だったこともありますが、食べたらまたそこでお腹を壊しそうな予感。

料理も観光客向けなのだと思いますが、敢えて街に出て現地のレストランで食事を
する勇気(と時間)はありませんでした。効率よく動くという点では、言葉の面からも
ツアーでよかったと思います。
スポンサーサイト

[edit]

« エジプトツアー 食事事情(ホテル編)  |  ハン・ハリーリのバザール »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/371-6f99c6b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)