09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

マナーハウスに宿泊(Lords of the Manor,Upper Slaughter) 

今回の英国行きは、1年前からすると考えられないポンド安でオットが行きたいと
いいだしたもの。ツマのリクエストは、「20年前に行けなかったストーン・ヘンジに
行く」ことと「道中、マナーハウスに宿泊したい」の2点。

おかげさまで両方とも希望がかないました。

今回宿泊したマナーハウスは、アッパー・スローター村にある「ローズ・オブ・ザ・
マナー」。バイブリーにある「バイブリー・コート・ホテル」とどちらにしようかと
迷っていたのですが、旅行前にコッツウォルズ情報の収集で何度もお邪魔した
「英国ソコヂカラ」のhiroexさんのオススメで、それ以上迷うことなく決断しました。

結果は・・・本当によかった!
英国を旅行した知人や肉親の話から想像していた「マナーハウス」を具現化
したところでした。

s-day3 012
この写真は翌日撮ったもの。到着した日は、半分みぞれになった雨(!)が降る
とても寒い夜でした。建物自体は17世紀のものでしたが、内装はきれいでした。

宿泊した部屋。
s-day2 092

s-day2 097
とても乙女でクラシカルな雰囲気の部屋。
それにしても、この大量の枕とクッション、普通はどう使うものでしょう?
使った枕は1つだけで、残りは足元やらチェアに移動させましたが・・・
ステキな雰囲気であることは確かなのですが。

s-day2 093
これまたエレガントなバスルーム。お風呂場のシャワーとか、金メッキです。

s-day2 094

s-day2 095
バスアメニティはロクシタン。(こういうところはしっかりチェック)
滞在中に使用しましたが、手前にある石鹸(たしかバーベナとか)は香りもよく、
オットも気に入って使用していました。バーベナ?の粒々が入っていて、かなり
ナチュラル~な感じです。

ロクシタンのオンラインショップを見たら、これの普通サイズが売っていました。
75gで1050円・・・もうひとつあったら持ち帰りたかった(笑)。

英国でなぜロクシタン(おフランスのものですので)?というのはさておき。
スポンサーサイト

[edit]

« マナーハウスのディナーその1(Lords of the Manor)  |  英国パブで雨をしのぐ(バイブリー) »

コメント

アフタヌーンティ、し損ねました

なんといっても「強行軍」でしたので。時間があったらなあと今でも心残り。このマナーハウスもそうですが、初日に宿泊したBearHotelのサービスもとても素晴らしかったです。
今回の旅行では、ロンドンに入る前に色々とホテル、B&Bを宿泊したのですがどこでも気持ちよく過ごせて本当に楽しめました。

fukagawalife #- | URL | 2009/03/21 15:22 * edit *

お勧めしたマナーハウス気に入って頂けてよかったです。ここの良さは、外見内装ももちろんですがサービスに尽きると思います。友人が泊まっていた間ピックアップに数日向かったのですが、宿泊客でない名前や前日どこに行ったかなどの情報を覚えて会話をしてくるフレンドリーかつ丁寧なサービスに驚きました。
アフタヌーンティーはされましたか?エレガントなロビーでゆっくり食べる三段重ねはコッツウォルズNo1と勝手に決めてしまっているのです。

hiroex #nCC.Lt1U | URL | 2009/03/21 01:32 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/494-0d2c2810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)