09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

マナーハウスのディナーその1(Lords of the Manor) 

今回の宿泊で、このマナーハウスに決めたのは「食事が美味しい」ということでした。
どうも英国というとアフタヌーンティとかが頭に浮かび、美食とはほど遠いというのが
正直なところでしたので。

宿泊には、室料に朝食、夕食が含まれています。
予約した時間になったので、この日ばかりはきちんと支度をしていくとまずアペリティフを
ダイニングでとるか、バーにするかを聞かれました。せっかくなので・・とバーで好きな食前酒
を選択。

s-day2 098

ここで本日のメニューが出されます。
宿泊のセットに含まれているメニュー(スターター、メイン、デザートの3種類)と、他に通常
出しているメニューも差額を出せばお選びできます、ということでした。

・・・商売上手というか。英語ながらもじっくりメニューを見ると、どう見てもセットメニュー
よりも選択肢も多いし何よりも材料とか手がこんでいる。わざわざ遠く日本から来たの
だから、多少追加料金払っても食べたいものを選択するでしょう(笑)。

バーには30分ほどいたと思います。
その後、メインダイニングでお食事。

s-day2 102
まずは1品目。こちらはオット選択。
魚は英国産のものみたいでしたが、オットも日本語でどんな名前かはわからないと
いうことでした。
オット、ダイビングも好きで魚の名前をよく知っています(なぜか英語名も)。

s-day2 100
ツマ選択。写真だとわかりにくいのですが、「Cornish Crab meat」のラザーニャ仕立て
ということで好奇心で注文してみました。ホワイトクリームベースのあっさりとした一品。

メインは2人ともお肉料理となりました。
s-day2 104
コッツウォルド産フィレ肉のステーキとテールの部分の煮込み(これがまた美味)。
赤ワインベースで味がしっかりしていました。付け合せの野菜も種類がふんだんで
目にも美しい品でした。オット選択。

s-day2 103
ツマ選択は鴨肉のソテー。大連で食べた大連ダックとはまた違う味わい。
オレンジベースのソースで、大体想像していた味でした。こちらもつけ合わせの
野菜がとても美味。飾りつけもキレイでした。

パンもお代わり自由で、ほんのり温かくでとても美味しかった・・・。

その後のデザートでさらに思いがけない美味しさに遭遇。
スポンサーサイト

[edit]

« マナーハウスのディナーその2(Lords of the Manor)  |  マナーハウスに宿泊(Lords of the Manor,Upper Slaughter) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/495-3948ba38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)