07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

ソールズベリでもやっぱりパブ 

バースを出発し、今度は一路ソールズベリへ。
ネットで事前予約していたB&Bに向かいます。大聖堂の近所にあって、観光にも
便利らしいのですが、到着が遅くなる場合は連絡が必要。

車中から携帯で到着が18時半になりそうな旨を連絡。
電話に出た女の人(B&Bやっている奥さんだろうなあと思ったらその通りでした)
はとても愛想がよく、ゆっくりした英語で会話してもらって大助かり。
電話での英語って聞き取り含めかなり難しいものなので。

これまたカーナビのお世話になりつつ、無事目的地に到着。車を停めたところで
B&Bのご主人が出迎えてくれました。荷物を部屋に運び込み、注意事項と周辺の
地図をもらってから、オススメのお店を質問。近所にあるご主人オススメのパブを
教えてもらいました。

s-day3 061
カウンターでキャッシュオンデリバリー形式。
いそいそと現地のリアルエールを購入しに行ったオット、パブのバーマンに
「ここにあるリアルエールは全種類飲んで帰る」といったらしい。

s-day3 060
・・ということでこちらの3種類を制覇してました。

そしてパブご飯。これもボリュームたっぷり。
フォークとナイフ自体も、かなり大きめサイズです(日本のサイズと比較して)。
s-day3 055
ムール貝のクリーム煮、鶏肉を巻いて煮込んだものに温野菜添え。
(ゆですぎ具合が、いかにも「リンボー先生」のいわくのイギリスらしい)
大きさにおののいた、スパニッシュオムレツ。

頑張って食べましたが、注文した品が出てきたときには2人で心の底から
2品にしておけばよかった・・・と思いました。
味はどれも素朴(ようはシンプルで食べやすい、凝った味付けではない)で
結構いけました。

日本のパブの食事も、これくらいのボリュームがあるといいんだけどなあ。

s-day4 009
翌日の朝撮影した、パブ。夜に訪れた時には天井も低めで、かなり年代を
感じたのですが、やはりかなりお年を召した建物でした(1750年)。
スポンサーサイト

[edit]

« ソールズベリのB&B  |  出張にいってました(ツマ) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/503-beca31c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)