09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

作並温泉 岩松旅館 

夜遅い勤務が続いていますが、この週末は温泉でプチ湯治でした。
昨年夏のこの時期は、ちょうど仕事で週末が出社だったのでやむなく断念した
のですが、今年は週末は休みだったので気合を入れてツマ実家家族旅行に合流
です。

夏休みの、お盆が終わった頃に親と娘(ツマのうちは3姉妹)家族が集まって
家族で旅行がここ数年続いています。甥っ子姪っ子たちは、久しぶりにいとこ同士
で遊べると楽しみにしているイベントです。

金曜日も夜遅くまでの勤務だったので、お昼過ぎに遅れて出発。新幹線で仙台まで
行き、仙山線に乗り換えて40分ほどで作並駅に到着。
今回は、残念ながらオットは土曜日出社になってしまったので東京で留守番でした。
(ツマが不在でオットものんびりしていた、かも)

s-IMG_2784.jpg
仙台から1時間に一本の仙山線を下車すると、ホテルからの出向かえのマイクロバスが
待機しており、そのバスに乗って目的地に向かいます。

向かった先は、「岩松旅館」 天然の岩風呂がウリの昔からある旅館です。

s-IMG_2783.jpg
ホテル内には、天然の岩風呂と、女性専用の清流風呂、大浴場があります。
昔ながらの木造の階段をずっと降りていくと、広瀬川の渓流を目の前にする
場所にある岩風呂に到着します。

この木造の階段ですが、ツマ父が子供の頃からずっとこうなのだそうです。
昔はもっと吹きさらしで、冬の時期は凍って降りるのも大変だったそうですが。

残念ながら、階段のところ以降はカメラ禁止なので天然の露天岩風呂の様子
はホテルのHP参照となりますが、広瀬川の水音を聞きながら、山の緑を見て
ぼーっとするだけで十分リラックスできます。朝早起きをして岩風呂に行った
ところ、岩魚が泳いでいるのを見ることができました。

東北はもともと混浴だったそうで、ここの岩風呂もその名残で混浴可となっています。
もっとも今は女性専用時間帯が決められているので、女性はその時間帯での入浴
となりますので安心ですが。

他にも、女性専用で広瀬川の清流と外の景色を楽しみながらお湯を楽しめる「香華
の湯」や大浴場もありますが、やはり天然の岩風呂が一番。何度でも訪れて
のんびりしたい、と思わせるお風呂です。

いずれも天然掛け流しで、温泉効果で肌もツヤツヤする点もオススメです。
週末で日頃の仕事から離れてのんびりできました。やはり、日本の温泉はすばらしい!
スポンサーサイト

[edit]

« 鮭はらこめし(仙台)  |  我が家の蘭、近況 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/567-302392ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

岩松旅館

仙台の奥座敷として知られる温泉地です。山形との県境近くの山間の地に、作並街道を挟んで数件の旅館が点在しています。周囲が豊かな自然に囲まれているため、特に新緑や紅葉の季節には多くの観光客が訪れます。温泉は、奈良時代に行基上人によって発見されたと伝えられ、...

温泉生活 | 2009/10/15 17:19