09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

カレル橋、日没後 

オルガンコンサートが終わって、カレル橋を渡って旧市街側に戻ってきたのが20時過ぎ。

s-P9012932.jpg

カレル橋がよく見える場所に行って、気長に待つこと30分ほどがこの空。

s-P9012941.jpg

プラハ城もライトアップを始めましたが、まだ周囲は明るい状態です。

s-P9012953.jpg

21時に近くなった頃がようやくこんな空です。
ほんのりと明るいこのタイミングが一番好きな空の瞬間。本当に一瞬の間のことです。

s-P9012962.jpg

ようやく夜空となりました。

一昨年にドイツに行った時も、ケルンで同じく夜景撮影しましたが、その時は夜気温が
20度以下という寒い状態でした。プラハの方が時期はもっと遅かったのですが、幸いに
して気温が高めだったので、川岸のベンチに座ってのんびり日が暮れるのを待ちました。

こういう時間が持てるのも旅行の楽しみのひとつだと思います。
スポンサーサイト

[edit]

« 夜のカレル橋  |  カレル橋で人気の場所 »

コメント

Re: タイトルなし

いもいもサマ

> 夕暮れの写真、本当に素敵。なんとも贅沢な時間でしたね。
ただただ、日が暮れるのをぼーっと待つだけの時間でした。
暗くなるちょっと手前の一瞬を待つって確かに贅沢な話です。ツアーで時間に追われて
行動するのとは大分違いますね。

一昨年前の夏にケルンに行った時は、8月上旬でしたが本当に寒くて泣きそうな気分
でしたが、それでも21時近くにならないと日が暮れないのですよね。
プラハでは日が暮れてきても、日中の暑さがまだ残っている感じで、待つのもかなり
楽でしたよ。

fukagawalife #- | URL | 2009/10/02 00:18 * edit *

夕暮れの写真、本当に素敵。なんとも贅沢な時間でしたね。
欧州に住んでいた時、夏は21時近くまで明るいのでサマータイムがある理由が実感できましたよ。
やっぱり欧州は景色が優雅で幻想的。歴史ある街並みは重みを感じます。


いもいも #- | URL | 2009/10/01 22:35 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/589-1cecb065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)