07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

ウルケル醸造所見学前にまずはお昼 

ピルスナーウルケルの醸造所に戻ってきてからツアー開始前までの時間で
お昼をとることにしました。

(10/31 外から撮った写真がありましたので、追加します)
s-P1000474.jpg


醸造所内のレストラン、ナ・スピルツェ。
s-P1000457.jpg

内部は、ツアー客(実際に観光バスに乗ってツアー客がきてました)向けと一般向けに
エリアが分かれていましたが、とにかく巨大です。

s-P9023060.jpg
世界各地から訪れる、ビール好きな皆さま(と思われる)。
私たちの隣のテーブルは、若手グループでしたがうち1名ジョシは多分運転手役。
(ただ一人コーラを注文してました)

メニューは豊富ですが、いつものお約束、チェコ料理にいきます。
s-P1000458.jpg

s-P1000459.jpg

そして、ビールが樽生(OnTap)のピルスナーウルケルであることは当然のこと。
ツマも小さめを注文しました(半分以上はオットの胃の中に)。

チェコ料理、またもやグラーシュと豚肉をボイルしたものですが、ボリュームもそれほどなく
(メニューにグラム数記載があります。150g程度が多い)、お約束の付け合せである
クネドリーキまで頑張らなければそれほど胃腸に負担はありません。
旅行者にとって、お腹にもお財布にも優しいと思います。

お昼をとって、いよいよ念願のピルスナーウルケル(チェコ名プルゼニュスキー・プラズドロイ)
醸造所見学ツアーです。
スポンサーサイト

[edit]

« ピルスナー・ウルケル工場見学(まずは缶詰め)  |  ビール見学にいきつくまでがまた大変 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/603-b51bf235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)