07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

遅くなりましたが結婚記念日フレンチ(レ・セゾン) 

今年の結婚記念日は、仕事で連続2日徹夜という悲惨な状況でした。
ツマが徹夜明け?でよたよた帰宅したのが金曜日で、久しぶりにオットに会った
時点で結婚記念日(と入籍記念日)を会社で過ごしたことをオットに指摘されて
気がついたのでした・・・。

こんなかなり危なっかしいフウフ(後から、「こういう記念日系って奥さんの方が
厳しいんじゃないの」と会社でも指摘されましたが)ですが、今年も結婚記念日
フレンチをしっかり味わってきました!

昨年に引き続き、今年も帝国ホテルの「レ・セゾン」から結婚記念日の平日限定
ディナーのご連絡が。届いたのは6月頃、で実際に予約してレストランに行ったのが
11月中旬・・・。こんな時期でも結婚記念日ディナーって有効なのかなあと
思いましたが、予約OKでした。

ただし、6月とは大幅に(というか全く)メニューが変わっていました。
どうやらインペリアル会員限定メニューと同じ構成だったみたいです。

まずはアミューズ。
s-P1000719.jpg
竹串で刺してあるのがフォアグラで、オレンジピールっぽいものが周囲に
まぶしてありました。グラスの中に薄切りで入っているのが、パンを薄く
スライスして乾燥させたものと、「インカの目覚め」という芋をスライス
して乾燥させたもの。後ろには、お祝いの「シャンパン」も写ってます。

s-P1000721.jpg
アミューズその2。
ムースの上にゼリー状で固めたスープが載って、四葉のクローバーが
添えてありました。子供の頃、春の季節に四葉のクローバーを探した記憶
がちょっと蘇ります・・。

s-P1000722.jpg
ちょっと写真が暗いですが、こちらが前菜。
「いのししのゼリー寄せ トリュフとトマトの香り
 タマネギのコンフィチュールをブドウの一番搾りで 山葵のソルベを添えて」
実はあれから1ヶ月近くがたって、その時の記憶が薄れています(汗)。
山葵のソルベが本当に山葵(ワサビ)味だったのがびっくりでした(そして甘い)。

s-P1000723.jpg
「雌雉のヴルテ フランス産栗のロワイヤルと一緒に」

秋の季節ということで、前菜のいのしし、スープの雉といわゆる「ジビエ(狩猟肉)」
を使ったメニューが続きます。雉自体はどうやら栗をペースト状にしたものと一緒
にすることにより、さっぱり目の印象になるようです。あまり野鳥といった感じは
せず、鶏に近い風合いでした。

s-P1000724.jpg
「北海道産帆立貝のドレ オニオンのカラメリゼとレモンのコンフィ
 さつま芋のシェリー酒ヴィネガー風味 」
帆立貝の貝柱が巨大です。上にのっているのがオニオンをこんがりさせた
もので、比較的さっぱりといただけました。

s-P1000726.jpg
「特撰和牛ロインのグリエ ジロル茸とコンソメ ”ニュアージュ”」
右手奥が和牛で、上にマスタードをあえたようなものがのっていました。
クリーミーなコンソメをあわ立てて軽くメレンゲ状にしていました。

確か、3月のイギリスのマナーハウスのディナーでも同じような「あわあわ」
メニューが出ていました。どうやら「あわあわ」が最近のトレンドらしいです。
・・・個人的には、あわあわでしっかり味わえない感じがしてしまうのですが。

お肉は柔らかくソテーしてあって、とても美味しかったです。

お皿の縁に添えてあったのが、「インカの目覚め」(って芋らしいですね)の
ポテトをフライにしたもの。丸い形状がかわいいです。

そして、通常ならプチフールとデザートになるのですが、今回はチーズ好きな
オットが追加でチーズをオーダー。
s-P1000731.jpg
青カビ系、山羊系、等かなり強めのチーズをチーズワゴンから選んでました。
スプーンに載っているのは、この季節限定のウォッシュタイプのモンドール。
門前仲町のワインバー、KAYでこのチーズを教えてもらいました。
熟成したチーズのとろとろとした中身をスプーンに乗せて出てきます。

s-P1000733.jpg
s-P1000735.jpg
プチフールとデザート。
この時点でかなり満腹状態で、プチフールの完食は断念。(昨年もそういう記憶が)

デザートは、塩キャラメルのソルベ。ほんのり塩っぽい不思議な味わいです。
上下をキャラメルをパリパリ状態にしたものではさんであるのですが、かなり甘さが
強くてちょっと参りました。
下にまたもやバニラソースの「あわあわ」になっています。

最後にまたもやサプライズ。
s-P1000737.jpg
結婚記念日のいちごショート。
そういえば、1年前の記念日ディナーでも最後にこれがありました。

今回はチーズも追加したので、かなり満腹でしたがこれは別腹。
しっかりと味わってきました。スポンジの間のイチゴは、カスタード
クリームではさまれており、全体的にお酒でしっとりさせた大人の
ショートケーキでした。

オットは、メニューの都度、それにあったワインをソムリエにチョイスしてもらって
白・赤と色々な種類のワインを味わっていました。とても楽しそう。

大分年末近くになりましたが、今年もまた無事(?)に結婚日ディナーを堪能
してきました。こうなったら、来年も、です。
スポンサーサイト

[edit]

« フレンチレストラン ピヴォワーヌ(門前仲町)  |  どら焼きならぬ、「虎家喜(とらやき)」 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/627-aca005d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)