09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

最近のビール記録 

かなりのんびりペースで3月のスペイン旅行記をUPしている状態ですが、
その間もオットのビール研究?は続いております。

s-P1010381.jpg

4月に大丸東京店で開催されていた「世界のワインとチーズ展」で、なぜか
購入してきたドイツビール。(一部でビールの展示販売もあったもので)

旧東ドイツの地域で作られている、ピルスナータイプのビール。
かなり苦味が強く、日本ではあまり見かけないタイプのビールだそうです。
・・・とはいえ、以前小瓶は飲んだことがあるとか。今回は500mlの大瓶で、
これは初めて見るサイズだとか。

s-P1010385.jpg

ベルギーのクリークビール。
2年位前のビアフェスティバルで購入して熟成したものを出しました。
オット行きつけのビアパブでも見たことがない(だから飲んだことがない)
ものでしたが、一応ツマ用ということで飲んでみました。

クリークによくある、薬品くささがなく、自然な感じがするビールでした。
当然ながら色もかなり茶褐色で(よくあるクリークは、ピンクっぽい色が
多い)くせのないさらっとした酸味とほのかな甘みのあるビールでした。

s-P1010386.jpg

これは、別の日に牛すね肉のビール煮込みにあわせてあけた一本。
成城石井で購入した(確か限定品だったと思います)ベルギービール。
裏返していますが、これはシメイのグラスで聖杯型。

甘くてアルコールの高いタイプのビールで、ベルギービールの典型的なタイプ
のもの、ということでシメイのグラスを合わせたそうです。
実際に注いで見ると思ったよりも色が薄めでしたが、アルコールの高さといい
甘みといい、まさにベルギービールだとオットご満悦でした。

といった具合で我が家にはワインではなく、数年前のビール含め色々なビールが
戸棚や冷蔵庫内に待機しています。週末は、料理とその日の陽気にあわせて
飲むビールとあわせるグラスを選択して楽しんでいます(オットが)。
スポンサーサイト

[edit]

« サグラダ・ファミリア(聖家族教会)  |  我が家の蘭(門仲5号) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/688-4b1e5c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)