09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

今年も作並温泉へ 

ツマ実家では、この数年お盆を外した翌週末に家族で集合し、仙台の作並温泉
でご一同様一泊旅行を楽しんでいます。

今年も仙台駅に集合し、仙山線に乗って作並駅に到着しました。
週末は土日ともに快晴・・・というか、仙台とは思えない猛暑でした。

s-P1010648.jpg

ホテルの送迎バスに乗ってホテルに到着し、部屋割り(毎年いつも直前で変更が
あってばたばたする)通りに各自の部屋に入り、甥っ子姪っ子はプールへ。
大人は名物「岩風呂」を楽しみます。

s-P1010596.jpg

天然の露天風呂である「岩風呂」は混浴可能・・・といっても女性専用時間は
設けられています。が、夜は19時~21時、早朝は5時~7時とかなり時間が限られて
いるのが残念。

川の横の岩風呂から、岩魚が泳いでいるのを見るのが楽しみ。
川の流れに逆らって泳いでいるので、流されることなく一箇所にとどまっている
ように見えます。木々の緑の中で川のせせらぎを聞きながらのんびりできるひと時は
まさに心の洗濯時間。

s-P1010589.jpg

夜のお食事。今年は追加注文で岩魚の塩焼き(左上)が登場。
川魚だけあって、頭と尻尾以外、小骨もそのまま食べられるとみんなでわいわい
騒ぎながらいただきました。淡白かと思いましたが、非常に味があって美味しい。

やはり旅館ホテルではこのようなお約束の料理が楽しいものです。
みなお揃いの浴衣を着て、日本らしい宿泊模様です。甥っ子、姪っ子のサイズが子供用
では小さく、大人のSサイズになっているところで子供達の成長を実感したり。

翌日、送迎バスで作並駅に戻り

s-P1010597.jpg

1時間に1本の仙山線に乗って一足先に戻る妹達を見送り

s-P1010603.jpg

列車の到着時間にあわせて駅で待っているシャトルバスに乗り込み、今回の
次なる目的、ニッカウィスキーの宮城峡蒸留所に向かいました。

「大人の社会(工場)見学」の始まりです。

スポンサーサイト

[edit]

« 大人の工場見学(宮城峡蒸留所) その1  |  日本の地ビール2種 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/724-df9ccd62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)