09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

ホテルザッハーのザッハトルテ 

今回の旅行の目的(ツマの場合)は、本場でザッハトルテの食べ比べをすること。
本当なら、ウィーンでの食べ比べにすべきだったのだと思いますが、日程の都合
もあり、ホテルザッハーのザッハトルテはザルツブルクで食すことにしました。

・・・ホテルザッハーがザルツブルクにあるとオットに聞いて(それも5つ星の超高級)
ホテルザッハーはザルツブルクの方がすいているのでは、と勝手に考えただけなの
ですが。

ザルツブルクのホテルにチェックインし、荷物を置いてさっそくホテルザッハーへ。
ザッハー・ザルツブルクが正しい名前です。まずはホテルの正面玄関前に到着し、
さてどこでザッハトルテがいただけるのか、ときょろきょろ見渡すと、左手に
カフェの入口がありました。

ph-P1020115.jpg

ph-P1020114.jpg

予想通りだったのか、たまたま時間帯がよかったのかは定かではありませんが、
カフェの中はそれほど混みあっていませんでした。クラシカルな雰囲気は
さすが老舗ホテルです。やはり、お茶はこういう雰囲気で優雅に楽しまないと。
(というほど国内でカフェめぐりしているわけではありませんが)

ph-P1020111.jpg

ホテルザッハー、ウィーンと刻印の入ったチョコレート。
「オリジナル」ザッハトルテ、と誇らしげにメニューにも記載されていました。
ホテルザッハーとデメルは、「オリジナル」の標示を裁判で争ったそうです。
結局、「オリジナル」を名乗るのはホテルザッハーのザッハトルテ、ということ
で決着したのだとか。

ph-P1020113.jpg

お茶につきあうオットは、この日はチーズ入りのケーキ(名前を失念)を注文。

ph-P1020112.jpg

メランジェと一緒に優雅なティータイム。
メランジェは、コーヒーと泡立てた暖かいミルクを入れたものでした。さっぱり
してケーキとの相性はばっちり。スタバのカプチーノと同じ、といえば同じかも。

ホテルザッハーのザッハトルテにはホイップした生クリームが添えられていました。
よく写真で見るザッハトルテそのものです。やっぱり生クリームがあるといいなあ
とぱくっと一口。かなり甘いです。デメルはチョコレートスポンジ自体はあっさり
甘さ控えめでしたが、ホテルザッハーはしっかり甘く、またアンズジャムが入って
いてさらに甘くなっていました。

砂糖抜きのホイップクリームと一緒にいただいて、なんとか甘さが薄くなる感じ
でした。血糖値が一気にあがる甘さでした。確かに生クリームは必需品です。
ザッハトルテの食べ比べ、デメルの方が日本人向けだった気がします。
(ツマ基準で)甘党な方ならまた違った意見になるかもしれませんが。

オットのケーキの方が甘ささっぱりめでした。味比べ、という点ではホテルザッハー
でもアッフェルシュトゥルーデルをトライすべきでした。ちょっと後悔です。
まあ、注文して半分食べるのはオットなので、あまり勝手なことはいえません。
半分は味見と称してツマがいただいているのですが。

ザッハトルテを食し、満足して旧市街の観光に向かいました。
スポンサーサイト

[edit]

« ホーエンザルツブルク城塞  |  ザルツブルクのホテル »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/766-376f17d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)