07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

ノボテル・ハロンベイに宿泊 

ハノイのノイバイ空港を出て、車で約4時間ほどかけてハロン湾に到着。
途中、トイレ休憩の名のもとでお土産屋さんに立ち寄り、そこで20分近く時間を
とっていました。翌日にはまた飛行機でシェムリアップに行くことがわかっていた
ので、なるべく荷物を増やしたくなかったのと、特に購買意欲をそそるようなものが
なかったので、お店の中を散策して時間をつぶしました。

途中、町中を通過しながらハロン湾を目指します。
町を出るとそれほどでもないのですが、町中を走るバイクの数にはびっくりしました。
ハノイも10年前は自転車が交通手段のメインだったそうですが、今はバイクが中心
とのこと。片側2車線あると、走行車線1車線まるまるバイクが走っている状態です。
自動車は追い越し車線を走り、後ろから追い抜く時は反対車線に出て抜いていくのには
何度も心の中で「ひぃー」と叫んでいたツマでした。
中央分離帯がないから渋滞にこそなりませんが、下手すると反対車線の車と正面衝突
してしまいます。というか、前方を見ると、反対車線の車がこちらの車線に入ってきて
前の車を追い抜こうとしている・・・(汗)。

なかなか心臓に悪いドライブが続き、急に道路が広くなって道もきれいに舗装されて
います。どうやらハロン湾の周辺は、観光地として整備されているようでした。

今回のツアーで宿泊したのは、「ノボテル・ハロンベイ」。最近出来た、モダンな内装
のホテルでした。

s-P1020551.jpg

一泊した部屋です。海側には面していませんでしたが、なんと言っても滞在時間12時間
程度という本当に寝るだけの部屋でしたので、これで十分満足です。
室内はモダンチャイニーズ?風で、かなりシックな感じの部屋でした。

s-P1020558.jpg

洗面台。アメニティもきちんと揃っていました。
ただ、ついていたのがいわゆる「リンス・イン・シャンプー」でしたので、人によっては
洗髪すると多少髪がきしむ感じになるかもしれません。

s-P1020557.jpg

ちょっところんとした形態のバスタブ。水の出はかなり勢いが良かったです。
夜になって大分冷え込んできていたので、この晩はこのバスタブにのんびり浸かって、体を
十分温めました。その後は朝までベットで熟睡でした。

このホテルでは、食事はバイキング形式でしたが、味付けも薄めで美味しく、また品数が
多くて見るだけでも楽しめました。一泊だけというのがちょっともったいないホテルでした。
スポンサーサイト

テーマ: 海外旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« ノボテル・ハロンベイの食事  |  世界遺産を巡る旅(アンコールワットとハロン湾) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/811-66a43afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)