09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

ハロン湾クルーズ 

ハロン市場の見学から、引き続き車に乗って船の船着場へ。
この日も曇り空で、肌寒い日でした。旧正月の前ということで、全体的に
閑散としていて寂しい限り。ガイドさん曰く、12月中もこのような天気で
船は満員だったそうですが・・・。

s-P1314462.jpg

本日はあまり稼動している船が少なかったようです。
ワレワレの船も、深川フウフともう一組、関西からきたご夫婦の合計4名で
貸切状態でした。

s-P1314472.jpg

船は、まず最初に鍾乳洞のある島に到着し、下船して中を散策します。
鍾乳洞の中を見てから外に出てみると、他の船もかなり停まっていました。

s-P1314491.jpg

島を出発し、ハロン湾内部を進みます。
曇っていて、全体がぼやーっとした幻想的な風景が続きます。
丸く盛り上がった島の形は、中国は桂林の山水画の世界を思わせます。

s-P1314495.jpg

だいたいルートは決まっているようで、どの船も同じ方向に向かって進みます。
この先には、水上生活者のボートがありました。

s-P1314524.jpg

さらに進んで、日本だったら「夫婦岩」とでも名づけられそうな岩の手前で
Uターンして戻ります。

s-P1314528.jpg

ハロン湾のベストシーズンは、夏だそうです。その頃はこのような靄もなく、くっきり
と島々の形が青空の下で映えているようですが、このような幻想的なぼやーっとした
風景というのもまた風情があってよいと思いました。
スポンサーサイト

テーマ: 海外旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« ハロン湾クルーズ(ティエンクン鍾乳洞)  |  早朝のハロン市場見学 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/814-ea40a5aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)