FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

シェムリアップに到着 

ハロン湾観光が終わり、再度車に乗って一路ハノイへ。
行きと同じく、トイレ休憩含め4時間ほど車で走りました。

相変わらず、バイクが多くて片側2車線の追い越し車線側をひたすら走ります。
前日、ハロン湾に向かう時は、追い越し車線からさらに対向車線に出て前の車を
抜かす時に肝を冷やしていましたが、ハロン湾からの戻りの時点では感覚がすっかり
麻痺していました・・・。慣れとはオソロシイものです。

ハノイのノイバイ空港に到着し、2日間専任で案内してくれたガイドさんと別れて
いよいよカンボジアはシェムリアップに向かいます。夕方に飛行機が出発し、1時間40分
位でシェムリアップの国際空港に到着。成田からハノイまでは機内にかなり空席があり
ましたが、シェムリアップ行きの国際線(といっても、座席が3-3で小型)はほぼ満席
状態でした。

s-P1020632.jpg

夜に到着したので、かなり暗いですがシェムリアップ国際空港。
平屋建ての、南国調(東南アジアスタイルというか)の建物です。
こういう写真が撮れたのも・・・

s-P1020633.jpg

こうやって、飛行機を降りててくてく歩いて建物に向かったからです。
小さな飛行場だからでしょうか(国際空港だそうですが)、かなりのんびりした雰囲気
で、いかにも南の国にやってきたという感じがします。

そして、空港内では入国審査のところで長蛇の列ができていました。
入国にはビザが必要で、どうやらその申請書とコンピュータで照合しているようでした。
その手続でかなり時間がかかっていたようです。
もっとも、ワレワレは二人ともパスポートの期限が切れてIC旅券に切り替えていたためか、
あっさりと入国審査のところを通過できました。

この手続のところで30分以上時間がかかっていたと思います。
飛行場に現地係員が待っているはず、と急ぎ外に出たところ、一緒になったのはハロン湾
で湾内クルーズをご一緒したご夫婦でした。

空港を出て、シェムリアップ市内の中心部に入り、かなり遅い時間の夕食となりました。
20時は過ぎていたと思います。レストランは団体客も対応できる、広いところでしたが
時間が遅かったためか、その時間にはワレワレの一行4名サマのみの状態でした。

s-P1020635.jpg

シェムリアップ初日の夕食は、多分カンボジア料理。
そして我が家ではお約束の「現地ビール」。ラガータイプのアンコールビールです。

写真の料理の他にも、ココナッツカレーや魚の煮込み料理が出てきました。
肉食が中心で、野菜不足になりがちなヨーロッパとは違い、煮込みや炒めで
野菜が多く出てきました。日本人向きの食事だったと思います。

夕食を済ませて、それぞれ宿泊するホテルに送ってもらいました。
ホテルでチェックインの手続を済ませてこの日はおしまい。

翌日朝からいよいよアンコールワットの観光です!
スポンサーサイト



テーマ: 海外旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« アンコールワット観光(まずは入口)  |  居酒屋「おれんち」で珍しい魚に遭遇 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/818-ed3cca75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)