07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

ベンメリア遺跡(冒険気分) 

ほとんど崩れ落ちて廃墟になっているベンメリア。

s-P2035037.jpg

本来の1階部分は石が崩れ落ちて見る影もなく。
見学していたのは、柱の上、本来は天井を支えていた部分からです。

s-P2035045.jpg

こんな状態だっただけに、以前はほとんど観光客も訪れなかったそうですが
近年になって歩く歩道が出来てからは、バスで観光客が来る場所になったそうです。
ワレワレが到着した時点でも、何台か観光バスが駐車場に停まっていました。

s-P2035049.jpg

歩道が出来て、年配の方も観光に来るようになったそうです。
確かにここを歩くだけでも、崩壊しつつある遺跡をゆっくり見学が可能。

ただし、こういう歩道をおとなしく?歩かずに崩れ落ちた石の上やら天井を歩く
観光客が多いことも確かです。比較的、若い世代とか子供が多く見られました。
足場が危険なところも多いので、ガイドがどこを歩けばよいか説明しながら、その
後をついていくパターンが大半でした。
ワレワレもその一団に混ざって、石の上をよじ登ったり、木の上に登ったり(これは
主にツマが)。

s-P1020850.jpg

どうやったらこんな山の状態になるのかは不明でしたが、「この上に行くと眺めが
よいですよ」とガイドさんにそそのかされ、よじ登る日本サル2匹。(先頭を行く
ツマと後からついてくるオット)

s-P1020851.jpg

ほとんど木と保護色になっていてわかりにくいのですが、山の一番上に到達したサル達。
ガイドさんに証拠写真を撮ってもらいましたが、こんなことして遺跡は大丈夫なので
しょうか?
ガイドさんは「こうなってしまうとほとんど修復はできない」と言ってましたが。

s-P2035065.jpg

遺跡ではあまり彫刻が見られなかった(というか崩れていて残っている部分にわずかに
彫刻があった箇所が残っている程度)のですが、ちょっと離れた場所で見かけたデバダー。
ひっそりとたたずむ様子が、アンコールワットの遺跡群とはまた一味違った雰囲気を
醸し出していました。

この日は朝からよく歩き回りました。盛り沢山な一日でしたが、遺跡を満喫して
大満足な日となりました。
スポンサーサイト

テーマ: 海外旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 2泊3日 上海の旅  |  ベンメリア遺跡(再掲) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/845-c38ba97b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)