09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

石庫門建築 

上海博物館は、午後5時で閉館。閉館10分前には、各展示エリアの扉を閉め始め
本当に店仕舞い状態。最近、北京あたり?で博物館の展示品を持ち出すという
騒ぎがあったため、警備が非常に厳しくなったそうです。

警備員に追い立てられるように外に出た後は、上海のファッションエリア、新天地
に向かいました。

そこではじめて目にしたのが「石庫門」という建築様式。石庫門というのは、上海
独自の建築で、入口は木で出来た扉を囲むように石の門を構えています。
壁は赤茶もしくは黒っぽいレンガで出来ているものが多く、門を入ったところが中庭
になっており(一種のパティオみたいなもの)、中二階と二階からなる建物が連なって
います。

s-P5215165.jpg

西洋と東洋が混ざったような独特な様式の建物。
石造りの門が、西洋の雰囲気を醸し出しています。

s-P5215160.jpg

s-P5215161.jpg

この建物は、中国共産党の第一次全国大会が開催された場所だそうです。とても
落ち着いた雰囲気の綺麗な建物です。最近も外壁を綺麗にお色直ししたとか。

上の写真とはデザインが異なりますが、やはり扉の周囲に石造りの門構えに
なっている様式は同じです。こちらの建物の門は、上部の石飾りがかなり西洋風で
豪華な感じです。

新天地は、このような石庫門建築の建物を上手に活用したオシャレなお店が数多く
立ち並んでいました。建物の外側はそのまま残し、内側を今風に改築したものが
多いそうです。

こういう建物を見ながら、のんびり街歩きするのもまた楽しそうです。
今回は、天候もいまいちで、あまりゆっくりと街中を散策する時間がとれずに残念。
スポンサーサイト

テーマ: 海外旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« 新天地を散策  |  上海博物館・青銅器コレクション »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/851-bc1ed5e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)