07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

(追記)ホテルの朝食(フィレンツェ・ミラノ) 

確か、今日から年賀状の受付開始したはず。
我が家といえば、毎年恒例となりつつある前年度の旅行記録から写真を厳選?して
年賀状にしています。その写真を考えつつ、過去の記録であるイタリア旅行記を
チェックしていて気がつきました。

ローマでは豪華5つ星ホテルの朝食を記録しているけど、フィレンツェとミラノ、
朝食写真をUPし忘れてる・・・。
旅行では、ホテルのバイキングスタイルの朝食を見るのがとても楽しみなツマ。
いつもカメラ片手に朝食のレストランに行っています。

ということで、大分前の話になりましたがフィレンツェの朝食編。

s-P1030423.jpg

ずらっと、フルーツ類やらコンポートなら、各種ペストリーが並んでいます。
蓋のある容器の中には、熱々のスクランブルエッグやソーセージ、ベーコン。

s-P1030424.jpg

プルーンの煮たのはどこの朝食バイキングでも見かけました。ツマの場合は、便秘防止
対策としてよくプルーンを食べます。カットしたフルーツも沢山。
まあ、前日夜は肉やら沢山食べてまだ多少不消化、ということでバイキングを目で見て
楽しんでいることが多いのですが(これもトシかと自覚してます)。

朝から食欲旺盛、フル回転だったのが甥っ子。どれだけ食べていたか、の証拠写真は
撮っていませんが本当に子供って元気だね、とフウフで感心してました。

一方のミラノ。

s-P1030555.jpg


宿泊したホテルです。
今回の旅行では、一番モダンでした。
クラッシック度の順番でいくと、ローマ(スプレンディド・ロイヤル)>フィレンツェ
(ミネルヴァ)>ミラノ(グランドホテル・ヴェルディ)の順番でしょうか。

s-P1030604.jpg

朝食のレストランもこんな感じです。インテリアは直線的でモダンな雰囲気。
バイキングで出ている種類はやはり多くて見ているだけで幸せ。
シリアル類とか果物の飾り方(ガラス容器入り)がオシャレな感じです。

イタリアだけあって、朝食のコーヒーはどこも濃くで美味でした。
こうやって写真を見直すと、またまた旅行に行きたい気分で盛り上がってきます。
これからは寒い季節なので、寒がりには厳しいのは十分承知していますが。

いずれは初夏の季節のヨーロッパを旅行したい!そういう余裕が出来た頃は、残念
ながら体力は大分落ちていると思うのですが、なかなか休みがとれないサラリーマン
とサラリーおばさんの夢でもあります。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« しっかりと肉を味わう Lawry's The Prime Rib 東京(赤坂)  |  ドミニク・サブロンのシュトーレン »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/936-d567eff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)