05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

お正月の風景 

八幡宮でお参りを済ませた後、ちょっと歩いて街中を散策。
「伝統的建造物群保存地区」の一区画、江戸時代の古い街並みがそのまま残っている
ところです。お正月で道路に駐車している車もなく、静かな通りです。

s-P1010913_20120104214835.jpg

帰省するちょっと前には雪が降ったそうで、まだ溶けきれずに残っている雪がありました。

s-P1010902.jpg

二階部分に神棚が飾られています。
右に見えるのが「うだつ(卯建)」。隣家との境界に取り付けられた防火壁のことで、
「うだつ」を造るには相当な費用がかかったため、裕福な家しか設けることができなかった
そうです。これが「うだつが上がらない」の語源のひとつなのだとか。

s-P1010901.jpg


昔懐かしい丸い赤ポストもここでは現役。
もっとも、オットの話では子供の頃は普通のポストだったとか。レトロな雰囲気を醸し出す
ために古いポストが置かれるようになったらしいです。
ここでも軒下に小さな神棚が。お正月の気分がここにも。

s-P1010914.jpg


江戸時代から続く、造り酒屋です。
軒先には、しめ縄で飾られた「杉玉(すぎたま)」が吊るされています。青々とした杉玉は、
新酒が出来たことを知らせるもの。

この一区画だけ、江戸の時代にタイムスリップした感じがします。
とても日本的な、お正月の風景でした。
スポンサーサイト

[edit]

« 真空管ラジオ、不調につき  |  2012あけましておめでとうございます »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/944-8ccb6bdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)