09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

シントラ観光 ペーナ宮殿 

ムーアの城跡から元来た道を戻り、循環バスに乗って次はペーナ宮殿に
向かいます。地球の歩き方の説明によると、この宮殿はドイツバイエルンにある
ノイシュバンシュタインを造ったルートヴィヒ2世の従兄弟であるフェルイディナント
2世だそうです。

s-P1040028.jpg

外から見るとこんな感じで、見るからに様々な様式の建物の集合体となっています。
個人的には、ロマンティックな外観のノイシュバンシュタイン城の方が好きかなあ。
でも、ノイシュバンシュタイン城の中はかなりごってりしていて閉口しました。
(一時期、ヴィスコンティの映画をよく見た時期があり、かつワーグナーのトリスタン
とイゾルテとか大好きなのでリバイバルで「ルートヴィヒ」を見て感動したことが
あります。即位時点のルードヴィヒに扮したヘルムート・バーガーは美男だった・・・)

s-P1040030.jpg

お城の入口。これだけならまだ普通な感じですが・・・

s-P2071098.jpg


よく見ると、左手の部分に変な顔をした動物(何でしょうか?)が刻まれていたり。

s-P1040032.jpg

門をくぐって中に入ったところの建物の窓の下にも得体の知れない物体が。

s-P2071100.jpg


アップにするとこういう気持ちの悪い、悪魔みたいな像があったり。
かなりグロテスクな感じであまり良い趣味とは思えませんでしたが・・・。

城内は写真撮影は禁止なのですが、実は内部は普通だったり。
変な彫像とかはなく、当時の女王様の暮らしぶりとかを想像できるような調度品が飾られて
いたりといわゆる宮殿内部でした。

正直、かなり不思議な感じがした宮殿です。

そうそう、ペーナ宮殿も、バス停を降りてからかなり上まで歩く必要がありました。
(上り坂です)徒歩で片道15分位はかかったと思います。バス停の近くには、お城の入口
近くまで走るバスもありましたが(写真だけ)、20分に1本位で、循環バスとの接続など
まったく考えていない模様。宮殿入口近くに辿り着いた頃に、バス停方向に向かうバスを
見かけましたので。商売っ気がないというか、考えていないというか。。。

シントラ観光の名所3箇所をまわりましたが、はじめの王宮以外はかなり高低差のある
ところの歩きになりますので、歩きやすい靴を準備するのが一番です。
日頃の運動不足解消になった一日でした。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« Cervejaria Baleal (海鮮レストラン)  |  シントラ観光 ムーアの城跡 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/974-b59355b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)