07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

Cervejaria Baleal (海鮮レストラン) 

シントラからまた電車に乗ってロシオ駅まで戻りました。
夕方、仕事から帰宅する人が乗り込んできて電車も結構混んでいました。とはいえ、
日本の通勤ラッシュとは比較になりませんが。

ロシオ駅からホテルに戻り、また1時間半ほど休憩して夕食に出かけました。
この日は、ロシオ駅から徒歩2分位のところにある海鮮レストラン、バレアル(Baleal)。
このお店も「地球の歩き方」でおなじみらしく、お店の人がメニューと一緒に歩き方の
ポルトガル料理の説明部分を持ってきたのには苦笑。

s-P2071110.jpg

ガイドブックには「庶民的な雰囲気の海鮮レストラン」と記載されていましたが、その
言葉通り、とても庶民的。蛍光灯で明るい店内は、レストランというよりも食堂といった
方が合っているかもしれません。

s-P2071109.jpg

ここでも、お約束?のサグレスの生ビール。

s-P1040042.jpg

タコのサラダ。味付けはお店によって違うようです。ここではシンプルな味付けでしたが
前の日のTrindadeよりさっぱりとして食べやすく感じました。セロリがたっぷり入って
ボリュームがありました。これで€7.5。

s-P2071111.jpg

せっかくだから、カタプラーナをと注文しました。二人分ということで大なべ一杯で登場。
やはりボリュームたっぷり。味付けはシンプルでしたが、どうも豚肉入りのカタプラーナを
注文してしまったようです。実は、底には大量の豚の固まり肉が・・。
個人の好みだと思いますが、豚肉自体はかなりさっぱり(脂がない)部所だったようで、
ぱさぱさしていまひとつでした。お行儀が悪いと思いつつも、大量の海老とアサリといった
シーフードを中心にいただき、豚肉はスルー。シーフードだけでもお腹いっぱいでしたが
肉ではなく魚だったら・・・と思うとちょっと残念でした。
カタプラーナ鍋は€28。ビールや食後のコーヒーを注文しても、二人で€41程度でしたので
かなりリーズナブルだったと思います。
旅行者も気軽に入れるレストランでした。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« あれから1年  |  シントラ観光 ペーナ宮殿 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/975-79ea0b06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)