09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

リスボンの夜はファド三昧 

リスボンではファドを聴きたい、というのが今回の旅行でのオットの希望。
というか、ファドを聴きたいのでポルトガルに行くというのが目的だったみたいです。

s-P2061016.jpg

ファドは、リスボンの下町で歌われ続けてきた、ポルトガルの民族歌謡。
事前予習ということで、旅行前にオットがCD購入して自宅で聴いていました。
物憂げで哀愁ただよう、ちょっと暗めな歌声と渋いギターの音色が特徴の音楽です。

リスボン滞在中は、3夜ファドを聴きに行きました。夜、レストランで食事を済ませた後
ファドレストランに行き、飲物付きでファドを楽しむこと3晩。相変わらず、タフに活動
していました。

ファドは、「カーザ・ド・ファド」と呼ばれるファドレストランで聴くのが一般的で、
ファドレストランはバイロアルトやアルファマといった地区に多くあります。

我が家はガイドブックにもよく出ている有名店3軒に行きました。

s-P1030974.jpg

観光客もよく行くという、「ルーゾ」。バイロ・アルト地区にあります。
2部構成になっているそうで、我が家は食事をした後の第二部に行きました。

s-P1040045.jpg


その翌日は、行こうと思っていたお店が改装中?とかで休みだったため、前日と
同じくバイロ・アルト地区にある老舗のレストラン、「ア・セヴェーラ」へ。

s-P2071131.jpg

この日のファディスタである年配の女性は迫力満点。
日本で言うならば「こぶしの効いたパンチ力」ある歌声を披露していました。

s-P1040134.jpg


リスボン最後の夜には、タクシーに乗ってアルファマ地区にあるこれまた有名なファド
レストラン「クルーベ・ド・ファド」へ。有名なギタリストがお店のオーナーだそうで、
この日のポルトガル・ギターの演奏は確かに素晴らしいものでした。

s-P2081240.jpg

演奏中の照明がこんな色だったので、かなり赤っぽい画像になっていますが・・・。
3晩連続でファドを聴きに行きましたが、行った順番で演奏も本格的になっていたという
印象です。たまたま偶然、でしたが順番が逆でなくてよかった・・・。

ハイシーズンだと予約でいっぱいらしいのですが、今回はかなり閑散とした時期だけあり
予約なしでふらっと行っても全く問題ありませんでした。
ただ、客も少ないためか、ほぼ12時で終了。。というちょっと盛り上がりに欠ける終わり方
だったのが残念です。
ルーゾとア・セヴェーラは食事なしの場合はミニマムチャージがかかりますが、クルーベ・
ド・ファドはショーチャージと飲物代のみ。

またファドを聴く機会があったら、クルーベ・ド・ファドでゆっくり時間をかけて楽しみ
たいものです。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« リスボンのラストビール  |  リスボン最後の夜も海鮮レストランで »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/988-7710d9be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)