08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

老舗ホテル、メトロポールに宿泊 

カンティヨン醸造所見学を終え、歩いてブリュッセル南駅に戻り、荷物をコインロッカー
から取り出して、ようやく宿泊ホテルにチェックインです。
地下鉄に乗って下りたところすぐにある、老舗5つ星ホテル、メトロポールが今回の宿泊先
です。グラン・プラスからも歩いて5分ほど、観光には便利な場所にあります。
以前、ブリュッセルを旅行した時は、このホテルのカフェで朝食をいただきました。
大変豪華な室内で、アールヌーボーの雰囲気にひたっての朝食タイムでした。今回は、
ホテルでお得な宿泊プランがあったということで、宿泊予約担当のオットが事前に調査の上
いそいそと予約をしていました。

s-P1040213.jpg

ホテル入口に入ったところで、高い天井のホールに圧倒されます。
これだけの内装を今作るのは大変なことだろうと思います。

s-P1040211.jpg

レセプションはこんな具合。天井の装飾が豪華で、シャンデリアもいかにもアール・ヌー
ボーといった雰囲気で、外とは全く異なる別世界でした。

s-P1040209.jpg

フロア中、どこもこんな豪華な雰囲気です。天井が高くて、シャンデリアも年代モノで
大理石がふんだんに使われていて・・・と見ているだけで楽しめました。
夜は、グランドピアノでジャズの演奏をしていました。

s-P2101281.jpg

室内に入ってのオットの第一声「なんかディズニーランドみたい」。
きらきらシャンデリアと、ベットの様子から「お姫様な世界」に感じたのかも。

室内は広々として、荷物を広げるスペースが沢山あり、とにかくゆったりしていました。
機能的でモダンな最近のホテルとは全く雰囲気が異なる、クラシカルで優雅な雰囲気
たっぷりのホテルで2泊しました。

s-P1040207.jpg

広々とした洗面所は、洗面ボールが2つ並んでいるので、朝準備する時も二人並んで
ゆったりできました。我が家の旅行では、日中は移動が多いので室内でゆったりする
時間はあまりないのですが、ゆったりした空間のおかげで準備もスムーズでした。

今思えば、もう少しホテル内をゆっくり楽しめる余裕があればよかったと思いますが
ゆったりしたホテルライフは、もう少しワレワレが年配になってからの旅行のスタイル
としてとっておくことにします・・・(といいつずトシとっても相変わらずこのペースかも
しれませんが)
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« まずはグラン・プラスへ  |  カンティヨン醸造所の試飲タイム »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/997-a0a94017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)