09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

ブリュッセルお目当ての店① ア・ラ・ベガス 

ブリュッセルで行きたかったお店の1軒目。
ランビック・ビールのお店、ア・ラ・ベガスです。

s-P2101299.jpg

以前、オランダからフランスに移動する途中でベルギー(ブリュッセル)で1泊した
のですが、ちょっと行く時間が遅くなったらもうお店は閉まっていたという苦い思い出
あり。ガイドブックでもHPでも営業時間は24時までとなっているのですが。

今回は、まず夕食の前にただビールを飲みに直行しました。
入口ではこうやって灯りがついているので営業中。よかった。

s-P2101303.jpg


実は、このお店は入口がわかりにくいのです。
舗道にお店のマークがついているのですが、ここから奥をずっと進むとお店の入口に
到着。写真のこの角度からだと、お店の入口は見えません・・・。

s-P2101302.jpg

冬場だし、時間も早いので店内はほぼがらがら。飲んでいる間に、だんだんお客さん
が入ってきていましたが。

s-P2101301.jpg


このお店では、やはりランビック・ビール。
注文すると、このような壺に入って登場します。酸味があってほんのり甘くて
とても美味しいビールです。ランビックはこのような壺に入れて出すものなのだそう
ですが、最近ではこのような伝統的な出し方をするお店は少なくなったそうです。

ガイドブックにも出ているような有名店ですが、地元の人もいるし、観光客もいる
お店でした。地元の人たちは、みな壺入りのランビックを注文していました。
3人で来て、特製?の3人前用巨大な壺入りランビックを注文する人も。

出てきたメニューでは、2人前までしか記載されていなかったのですが、頼めばもっと
大きなサイズもあるようです。

s-P1040227.jpg

店内カウンターの様子です。左上には、大きいサイズの壺が並んでいますね。
手前2つ並んでいる、「グーズ」と「ランビック・ドゥー」の看板が並んでいます。
どちらも鳥さんマーク。
給仕のお兄さんも、伝統的?なスタイル。黒服に白いエプロン姿です。
なんとなく、修道士を連想してしまいました。

営業時間が不明なので、早めの時間に行くことをオススメします。
今回は、念願かなっての壺入りランビック・ビールを満喫できて、フウフ共々ご機嫌
でした。
スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記

ジャンル: 旅行

[edit]

« ブリュッセルお目当ての店② シェ・レオン  |  まずはグラン・プラスへ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukagawalife.blog96.fc2.com/tb.php/999-53c17239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)